【アンプ内蔵スピーカー】おすすめ商品7選|AV評論家に聞く選び方

【この記事のエキスパート】

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家:折原 一也

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家:折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。

日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。

高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。

AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。


音量を増幅させるアンプが内蔵されている「アンプ内蔵スピーカー」。アンプが内蔵されていないスピーカーよりもより迫力のある大きな音で音楽を楽しませてくれる機器です。しかし、種類が多くてどれを買うべきか迷う方も多いのではないでしょうか。そこで、オーディオ&ビジュアルライターでAV評論家でもある折原一也さんへの取材をもとに、アンプ内蔵スピーカーの選び方とおすすめの商品をご紹介いたします!

アンプ内蔵スピーカーの選び方|AV評論家に聞く

AV評論家・折原一也さんに、アンプ内蔵スピーカーを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

PC用スピーカーは設置場所に応じて選ぶ

【エキスパートのコメント】

アンプ内蔵スピーカーのなかで、もっとも人気のあるカテゴリがPC用の外づけスピーカーです。PCのアナログオーディオ端子やUSB端子に接続するタイプで、Creative、Logicool、サンワサプライ、バッファローなどPC周辺機器メーカー、JBL、YAMAHAといった音響機器メーカーも製品を販売しています。

PC用スピーカー選ぶ際には、音質はもちろん、デスク上に置きやすいサイズかどうか、また接続がステレオミニ端子かUSB端子か、電源の接続がUSBバスパワーかコンセントなどもチェックしてください。

自身が希望する設置場所に応じて扱いやすいものを選びましょう。

音楽制作やDTM向けのスピーカーも

【エキスパートのコメント】

DTMやプロによる音楽制作に用いるパワードタイプのモニタースピーカーでも、アンプ内蔵スピーカーの出番です。YAMAHA、FOSTEX、Roland、TASCAMといった楽器系メーカーが個人のDTM向け製品を発売しています。

厳密には製品個別に異なりますが、モニタースピーカーは音楽制作の過程で音を確認する目的のスピーカーなので、味つけなくストレートに情報を出すタイプがほとんどです。

接続端子はRCA端子、XLR端子、PHONE端子など音楽制作向けの端子が一般的。あらかじめ接続したい機器とどんなケーブルで繋げるのかを確認して選んでください。

SONY(ソニー)『SRS-XB41』:

出典:楽天市場

ワイヤレスでスマホに接続! さらにバッテリー内蔵で、最大24時間の再生も可能!!

Hi-Fiオーディオ用のアクティブスピーカー

【エキスパートのコメント】

音楽を超高音質に楽しむHi-Fiオーディオの趣味の世界は、アンプを内蔵しないタイプのスピーカーが主流です。

しかし、Wi-Fiのネットワーク機能まで一体化し、ハイレゾの高音質再生にも対応したアンプ内蔵スピーカーも存在しています。

ヤマハ、クリプトン、KEFといった国内外のメーカーによるHi-Fiオーディオとして作られているので、価格は数万円~数十万円と高価です。音楽リスニング用にとにかく高音質に音楽を聴きたい方なら、選択肢にいれてください。

ワイヤレススピーカーやスマートスピーカーも

【エキスパートのコメント】

Bluetoothで接続するワイヤレススピーカー、Amazon EchoやGoogleホームといったスマートスピーカーも分類上はアンプ内蔵スピーカーです。

アンプ内蔵を条件として考えると、ウェアラブルネックスピーカーなどもアンプ内蔵スピーカーに含まれるなど、広くとらえたときのジャンルの広がりは無限にあります。

これらを探す場合「Bluetoothスピーカー」「ワイヤレススピーカー」のように別のキーワードで探すとさまざまなラインナップが見つかります。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)