日本酒大吟醸のおすすめ5選【酒匠(さかしょう)に取材】

【この記事のエキスパート】

酒匠(さかしょう):山口 奈緒子

酒匠(さかしょう):山口 奈緒子

23歳のとき、当時世界に250人ほどしかいない「酒匠(さかしょう)」というテイスティングの資格を取得。

日本酒専門webメディア立ち上げに参画した後、DeNAに入社。その後、創業メンバーとしてスタートアップにジョイン。

現在は、カナダにて酒造りとセールスを行っている。日本酒のプロとして、これまでの経験を生かして日本酒の魅力を世界に伝えている。


甘くフルーティな口当たりが年齢や性別を問わずに愛されている日本酒。でも、ラベルを見てみると大吟醸や純米大吟醸などの聞き慣れない言葉が並んでいて、それぞれなにが違うのか、どうして違うのかわからずに迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。日本酒の世界は本当に奥深く、知れば知るほど面白いものです。そこで今回は、日本酒のエキスパートである「酒匠」の称号を持つ山口奈緒子さんへの取材をもとに、大吟醸と純米大吟醸の違いについて解説し、大吟醸でおすすめの日本酒をご紹介します。

酒匠(さかしょう)がおすすめする日本酒大吟醸の選び方

酒匠の山口奈緒子さんに、日本酒大吟醸を選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

スッキリ or しっかりの味わいで決めましょう

【エキスパートのコメント】

日本酒の大吟醸には大きく分けて「純米大吟醸」と「大吟醸」の2種類があります。ふたつの違いは、ラベルの原料の部分を見ると一目瞭然。純米大吟醸が「米・米こうじ・水」の3つの原料に対して、大吟醸は「醸造アルコール」も記載されています。

日本酒は、製造過程で醸造アルコールと呼ばれる焼酎のような蒸留酒を添加することが許されています。製造過程で得られるアルコールしか入っていない場合「純米」となり、それ以外は「純米」を名乗れません。価値の高低を左右するものではありませんが、味わいを左右します。

一般的に、よりスッキリを飲みたい場合「大吟醸」を、しっかりを飲みたい場合は「純米大吟醸」を選ぶといいです。

精米歩合をチェック

【エキスパートのコメント】

純米か否かが一番味を左右しますが、それ以外にも味を左右するものがあります。たとえば、米の削り具合、日本酒の世界だと「精米歩合」と言われるものです。日本酒のラベルのどこかに「23%」や「50%」の表示を見たことはありませんか。これらが精米歩合を意味しています。

精米歩合は、玄米の状態から外側を削り、何%残ったかがわかる指標です。ふだん食べているご飯は、精米歩合約90%。玄米の状態から10%削った状態ということになります。

大吟醸と呼ばれる酒はすべて、精米歩合が50%以下です。50%から小さい数になればなるほど味わいは、よりスッキリとクリアになっていくと大まかに把握しておくといいです。精米歩合は記載が義務化されていないためラベルに表記されていないこともありますが、多くの場合は記載されているのでチェックしてみてください。

原酒かどうかチェック

【エキスパートのコメント】

2つ目までのポイントはほとんどの場合、ラベルで区別できるポイントですが、それ以外にも「こんな言葉がラベルに記載されていたら味わいはこうなる」というものがあります。

まず、あげられるのが「原酒」という文字。日本酒はつくる過程で「水」を加えてアルコール度数を下げ、味を調整しています。それをしていないのが「原酒」です。そのお酒本来の味に近づき、はっきりとガツンとくるインパクトが感じられるのが特徴。

ただ、アルコール度数が2〜3%くらい高いものが多いため、アルコールに弱い人や日本酒に飲み慣れていない人は注意が必要です。

ほかにもある! ラベルから読みとる特別な情報

【エキスパートのコメント】

これまでの紹介以外に「こんな言葉がラベルにあったら要チェック」というものは、以下のとおりです。 ひとつの傾向としてとらえて日本酒選びの参考にしてみてください。

・生:フレッシュな味わいであることが多く、生原酒だとさらにガツンとくるインパクトがプラスされます。
・無濾過:ジューシーな米のうま味が残っていることが多く、無濾過生原酒だとさらにフレッシュな味わいとガツンとくるインパクトが加わります。
・鑑評会受賞酒:香り高いお酒であることが多いです。
・山廃/生酛(生もと):どっしりした味わいであることが多いです。
・古酒:熟成させたお酒なので、とてもどっしりしていて飲み慣れていないとびっくりしてしまうことも。

ほかにもありますが、まずは初心者の方はこれらだけでも指標として選ぶとよいでしょう。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)