スタジオの様子

4月11日21時から放送の『秘密のケンミンSHOW&ダウンタウンDX春の超豪華合体SP』(よみうりテレビ・日本テレビ)では、ダウンタウンが生まれ育った兵庫・尼崎を同郷のじゅんいちダビッドソンがレポート。松本人志のファーストキスの相手が明らかになる。

『秘密のケンミンSHOW』(毎週木曜21:00~)と『ダウンタウンDX』(毎週木曜22:00~)の合体SP第14弾となる今回は、「芸能人の地元・実家におじゃまSP!」と題して放送。アンガールズ、内田理央、コロッケ、崎山つばさ、久本雅美、脇田穂乃香らゲストの地元、実家を訪ね、ゲストの昔の伝説、ルーツを探り、家族や友人、ゆかりの人たちも登場する。

尼崎に向かったじゅんいちは「僕が住んでいた地域は尼崎のビバリーヒルズと言われていたんですよ」と浜田雅功と松本が育った地域よりも上品な事をアピールする。尼崎は線路が3つあり、線路を越える度にガラが悪くなるらしく、じゅんいちは「尼崎は南に行くほどヤンキーが強くなる。一番ヤバイ所はピストルの弾をよけるって噂があって」と尼崎にまつわる都市伝説を語る。

浜田と松本が育った時代とは違い、今の尼崎はファミリー層にも住みやすいエリアになっていた。じゅんいちはダウンタウンの母校の中学を訪ね、2人が所属していた放送部へ。この時、じゅんいちは先生から浜田はいつも子分を従えていたという噂を入手するが、浜田は「(子分が)どこにおんねん。おかしいやん。ムチャクチャやわ」と噂を笑い飛ばす。さらにじゅんいちは2人の事をよく知る同級生たちに会いに行く。「松本はおもしろかったな」「松本から最初に『持ちギャグ何個あんねん?』って言われて」「浜田は長嶋茂雄のモノマネをしてたな。ウケてた」など、2人の逸話が次々に飛び出す。さらに、松本の驚きのファーストキスの相手も明らかになる。

広島出身のアンガールズ・田中卓志の実家は、相方の山根良顕が訪ね、山の中にポツンとある一軒家の暮らしに迫る。広い敷地では30種類の野菜を栽培し、ニワトリも飼育して悠々自適な生活を送る田中家。松本は「すごい立派やん」と大きな実家と敷地の広さに驚く。田中の母親はワニ(鮫)の刺身やフライなど、地元の料理を山根に振舞う。この後、母親はヘビの抜け殻を首に巻いて山根の前に現れる。母親は蛇の皮を集めるという変わった趣味を持っていた。田中は「96歳のおじいちゃんが戦争から帰って、あの山を買って全部開拓したので……。松茸もとれるイイ山なんですよ」と大自然の中にある実家の魅力をアピールする。