タレントの壇蜜が3月31日、東京・新宿の紀伊國屋書店新宿本店で写真集『モナリザ-雫-』、『モナリザ-結晶-』(ともに発売中 各3,500円税抜き 講談社刊)の発売記念イベントを行った。

写真集『モナリザ-雫-』、『モナリザ-結晶-』の発売記念イベントを行った壇蜜

29歳という遅咲きのデビューもトップグラドルまで上り詰め、今やグラビアの枠を超えてテレビやラジオ、CMなどで大活躍の壇蜜。そんな彼女の最新写真集は2冊同時発売で、これまでの集大成として上質なエロスを極限まで追究するなど極めてセクシー度が高い内容となっている。

胸元全開のセクシーなドレス姿で報道陣の取材に応じた壇蜜。2冊の写真集を手にしながら「欲張っちゃいました。撮りすぎましたね(笑)。1冊にまとめると電話帳のような分厚さになるので買ってくれる人がいません。じゃあ2冊にしようということになりました」と2冊同時発売の理由を明かしつつ、「『雫』は夏の爽やかな様子を、『結晶』は冬のちょっと物憂げな感じを撮っていただきました」と解説した。

お気に入りは福島の冬に撮影された『結晶』に掲載されているカイロを取られた瞬間を撮られた写真だといい、「カイロを取られて寒いな、という表情が色っぽく出ていると思います」とその理由を説明。「これでラストヌード?」という質問には「マネージャーがお金次第って言ってました。ご飯食べていかないといけませんから。平成最後のラストヌードということで、しばらく大人しくしてようかなと思います」と笑いを誘っていた。

イベントの翌日には、5月1日から始まる新元号が発表される。「明日、元号が発表されるのにそれどころじゃないと思いましたが、思ったより人が集まってくれてうれしいです」と集まったファンや報道陣に感謝しながら「平成という時代は小学校低学年から始まり、青春も職業難も恋人に振られたのも全部平成でした。常にあたふたしていました」と平成を回顧。新しい元号には「あたふたしない年にしたいと思います」と期待を寄せながら、「新元号になって電撃結婚?」という報道陣の質問には「明日元号が決まる前日にこんな格好して大丈夫な人だったら良いなと思います。後1カ月ですか。駆け込まないといけないですね」と話していた。