フィリピン空軍基地の格納庫跡地にできた世界最大のレストア工場

ここはかつてフィリピン空軍基地の格納庫だったところ。いまでは200人以上のレストアラーが、ジャガー、ベントレー、メルセデスなどのリビルドにいそしんでいる。

200人以上の工員を抱え、格納庫のような巨大な場所でジャガーやロールス・ロイス、メルセデスのクラシックカーのボディ修復を専門に行う総合レストア工場なんて、世界のどこを探したってあるはずがないと誰もが思っているだろう。だが驚くなかれ、フィリピンには実在するのだ。それは元米軍基地で現在はクラーク・フリーポート・ゾーンと呼ばれる地区にある。オーストラリアの実業家ジム・ビルネスの構想の元に建てられたビルネス・モーター・トラスト(BMT)がそれだ。



6年前に設立された同トラストはクラシックカーへの投資をメイン事業とするが、必然的にレストア工場も構えた。この地区を選んだのは、熟練した板金職人が豊富にいたのと労働賃金が他の地区より少しばかり安かったからである。つまり、たくさんのレストアを安い価格で提供できる条件が揃っていたのだ。

「自動車製造に関わったのは1976年からです。以来40年、私の血液にはオイルが混じるようになりましたよ」と、ユーモアを交えてジムは設立の頃の話を始めた。「1978年、私はダットサン240Zを持っていましたが、1年後には1963年型のMGBに乗るようになりました。MGBのコレクターと同じように、エンジンが奏でるサウンドを聞きながら風を肌で感じるのがたまりませんでした。骨董も好きでね、年月かけて人が営んできたものを感じるのが大好きなんです。そうしたものを40年かけて集めたんですが、6年前にすべて売り払いました。売却して得た1億ドルは投資会社を始めるために全額注ぎ込みました。ビルネスの車への投資は為替対策でもある。

「ある国の通貨が下落したら私はそこで車を買います。反対にある国の通貨が上昇したらその地で車を売るのです」
クラーク地区の免税制度や低賃金は、イギリスやヨーロッパ、アメリカでレストアする気をなくさせるほどの経済的メリットがあるということが言葉の裏に透けて見える。



「私はそれまで35台のレストア物件を手がけてきました。しかし場所を確保したあとの2年間に400台の車を買い入れました。腕のいい職人をみつけることも重要でした。ヘッドハンティングで雇い入れた有能な人物には高い地位に就かせたり家を与えたりして、公私両面にわたってサポートしています。もちろん最高レベルの板金職人や塗装職人だけでなく、技術見習いもたくさんいます。だから最初の2年間は試行錯誤でした。生産性もゼロに近かったですね。普通の車を2、3台仕上げただけでしたから。でもそこで学んだことが今に活かされています」

この地で成功を収める鍵は、地元の工員が新しい技術を習得するのにどれだけ熱心であるかということに尽きる。



「私たちは顧客が高度なレストアを求めない限り、一般的なコンクール基準で作業しますが、もちろんオプションもあります。初期のEタイプ・ジャガーなら通常の料金に1万~1万5000ドル追加すれば、ペダルボックスを新しくしたりシートのヘタリを修復したりサスペンションに改良を加えるといったことができます。オリジナルパーツはもちろん木箱に入れてお戻しします。私たちはまずこのレベルで力量を蓄えてから世界に打って出たいと思っています。これまでの4年間は海外との仕事はしてきませんでした。ここにあるすべての車はまだ私の所有物です。でもようやく営業を開始する準備ができました。これらの車がとにかく有名なコレクターの手に渡ることを望んでいます。彼らの評価は信頼できますから。最近、製造ナンバーが5番というアルミボディのXK120を購入しました。右ハンドル仕様としては2番目の車で、いまレストア作業中です。同じく16番目の右ハンドルのEタイプもレストア中です」



ボディのプレスについてはポーランドのプレス会社とも契約しているらしい。そこでは自社製パネルを作ることができ、特別な合金でできているCタイプやXKSS、Dタイプのダンロップ製ブレーキキャリパーも、「そこの鍛造技術を使えば復刻もできる」とビルネスは説明してくれた。現在彼はレストア中のCタイプに載せるオリジナルのウエバー・キャブレター鋳造用の砂型を探して、東奔西走しているのだという。

「ブレーキキャリパーを手に入れたいがためにXK120を50台、テキサスのジャンクヤードでは一度に37台のジャガーを買いましたよ」彼はとことんやる主義なのだ。「しかしほとんどの車のパーツが合わなかったので、実際に使えたのは5個だけでした。パーツの復刻ができれば多くの車が再び走ることができるようになるでしょう」

ジムは工場を出ると私を車に乗せて、少し離れたところにある木工工房にも連れて行ってくれた。そこでは真新しい木工製品がロールスやベントレーのためにせっせと仕上げられていた。ジャガーXK120のドアやボンネットのフレームもあるが、ジム個人のアンティーク家具コレクションも置かれていた。家具だけでなく、大型の木製スピードボートも2艘建造中だった。ジムの多趣味ぶりが窺える。

次のドアを開けると、そこはアラジンの魔法の洞窟のようなところであった。ロールスやベントレー、E タイプやX K、MGA、MGB、サンビーム・タイガーが所狭しと並んでいた。



「MGAツインカムなら8台あります。もっと多いのは1969年から70年のマスタングで40台、64年から65年のマスタング・コンバーチブルは20台から30台買いました。カリフォルニアのレンタカー会社のために現代の駆動系を使ってちゃんと動く車に仕立て上げる予定です。こちらはトランザム仕様のボス・マスタングです。フォードが7台だけ作ったレース仕様ですね。私はいま、シェルビーからそれと同じものを50台作れるライセンスを受けているんです。ほかにカマロもありますし57年のシボレー・コンバーチブル、フェラーリ330 2+2のシャシーなんかも作っています」

ジムは手つかずの状態で順番を待っている車たちを眺めながらそう言った。まだ全体の4分の1も完成していないのに大丈夫なのだろうか。しかしジムはそんな状態でも勝算ありと踏んでいる。車は遠からず完成するだろうし、ビジネスとして見ても、海に囲まれたフィリピンには大きな可能性が広がっていると彼は考えているからだ。彼はこの国において才能あるビジネスマンという名声を確立しており、彼のクラシックカーに対する情熱は揺るぎないものがある。それは彼の弱点になりはしないのか?BMTの門を出て行った完成車はまだ数えるほどしかない。しかしジムはどっしりと構え、このビジネスに情熱のすべてを注ぎ込んでいる。



もちろんビルネスひとりでBMTが成り立つわけではない。ここで有能なスタッフの何人かをご紹介しよう。最近チームに加わったジェイソン・ランバーグは、カリフォルニアにあるシンボリック・モータースのレストア部門からBMTに移ってきた男だ。元の職場ではペブルビーチで部門賞を二度勝ち取ったことがあるほどの凄腕だ。BMTのPRの面倒を見ているサラと最近結婚してからフィリピンにやってきた。景観のよさ、親しみやすい人々、それに当地のチャンレンジ精神がいたく気に入っているそうだ。



「ここの従業員は本当に情熱があって、細部にまで気を配った仕事をしています」ジェイソンは熱く語り始めた。「世界的に腕のいい板金工は少なくなっています。でもここのスタッフは信じられないくらいいい仕事をする。女性工員も45人います。機械部分の組み立てから板金までこなします。彼女らは本当にうまいんですよ。アメリカのレストアラーは追い求めた仕事をしません。なぜなら労働賃金のバランスがこことは絶対的に違うからです。私たちはまず技術を磨くことに全力を注がなければなりません。均一した仕事ができることも重要なので、彼らにはレストアが完了した車を撮ったビデオを会社の食堂で見せています。私はBMTがレストアの世界的なトレーニングセンターになればいいと考えています。特に板金や電気系、メカニカルな部分でね。実は中国に新しくできる考古博物館で修復チームを育てる計画もあるんですよ」



巨大なボディ工場はオーストラリア人のマルコム・マクレガーが司る。この道35年というベテランの彼は、同じくらい経験豊富な地元出身のロバート・クナナンとともに工場を切り盛りしている。クナナンがいかに重要な存在であるかをマクレガーはこう語る。

「ここで働く工員はほとんどが独学です。でも技術レベルは高く、向上心に燃えています。そんな腕のいい板金工たちと私はすでに50台ほどを仕上げましたよ」

英国人のマイケル・ハリソンはフィリピンに住んで10年になる。
「私はイギリスにいる頃にフィリピン人の妻と結婚してからこっちに来たんだ。技術はイギリスで習得し、そのあとマスタングの専門工場で5年働いたよ。BMTに来たのは2年ほど前だが、ここはいいね。最初はボディの下準備の仕事から始めて、やがて塗装管理、倉庫管理を経て今では特殊プロジェクトを受け持っている。細部まで注意して見る目はここで養った。質の高い車を送り出すには多くの工員やスタッフの努力が不可欠だね」

塗装部門の責任者カール・ホランドはイギリスでカスタムカーの塗装をしてきた。塗装歴30年のベテランだ。
「当時と違うのは速さだよ。どの車も作業の開始から完成まで計画に則って進められ、塗装も決められた数の中から選ばれる」

こう語るカールは分野を超えてEタイプ・ハードトップに代表されるグラスファイバー部門も統括する。カールによれば、どんなEタイプ・ロードスターであってもここではハードトップを捨てることから始まるのだそうだ。



ことほどさように、BMTのレストア流儀にはハラハラさせられるものがあるいっぽうで、広い工場の中でたくさんのフィリピン人の工員が、ジャガーXKやEタイプ、ポルシェ356やロールス・ロイスの間をそれぞれ忙しく行き来し、群がって作業する。そうした姿はたとえ車好きの目から見て、心温まるものと映るのではないだろうか。レストア中の車であっても完成に近い車であっても、仕事のクォリティはとても高い。BMTの未来は明るいと言ってよいだろう。とくに海を隔てた中国でこのジャンルの市場が生まれれば、BMTが恩恵を受けるのは間違いない。

「いまここで仕立てた車はとても高品質です。でも中国人は隣人が持っていないものを所有したがる傾向がありますから、いろいろな車を用意しないと。中国で商売するには初期のポルシェ911や356、メルセデス・ベンツ190SL、ジャガーEタイプ、アストンマーティン、それにベントレー・コンチネンタルといった、運転するのが比較的楽な車であることが最大の条件ですが」ジム・ビルネスは明確な分析を立て、そのときが来るのを待っている。