元日本テレビアナウンサーでフリーアナウンサーの脊山麻理子が30日、東京・秋葉原の書泉ブックタワーで最新イメージDVD&ブルーレイ『魅せられて』(ともに発売中 DVD:4,104円税込 ブルーレイ:5,184円税込 発売元:ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントを行った。

DVD&ブルーレイ『魅せられて』の発売記念イベントを行った脊山麻理子

2004年から2009年にかけて日本テレビのアナウンサーとして人気を博し、現在はフリーアナウンサーやタレントとして活躍している脊山麻理子。日本テレビ退社後は、グラビア活動にも意欲的で、これまでリリースした多くのグラビア作品ではセクシーさを全面に押し出して話題を集めている。通算7枚目となる同DVDは、昨年9月にバリ島で撮影。清純で上品な女性に扮した脊山が、年上の男性に調教されていくという、ドMな姿が見られるという。

DVDの中でも見せた特注のボンデージ衣装姿で報道陣の取材に応じた脊山は「前回の作品ではラバーのキャットスーツを着ました。今日の衣装はその素材と同じもので、お尻が空いているんですけど上品かつエロくてお気に入りです」とファッション解説。作品の内容を「最初は日傘を差して上品な女性として私が登場して、紳士に誘われてSMの色んな世界を体験するというストーリーとなっています」と解説し、「後ろの手を結ばれたり、目隠ししながら氷を舐めるシーンもあります。精神的にもエロさを表現できました」とアピールした。

昨年11月にリリースした写真集『S』と『M』でSMの世界観を表現した脊山は「Mな私が見られます」といい、「自分はどっちもあるかな。野球で言えばスイッチヒッター(笑)」と明かした。また、「私がSだったら強い男の子の弱い顔を見たいですね。Mだったら賢い人に精神的に追い込まれてみたいですね」と理想の男性の条件をあげつつ、SとMの男性ともに「相手が信用できる人だと開放的になると思います。プロレスもデスマッチできる相手は信頼できないと出来ませんから」と大好きなプロレスを例えに挙げながら相手に対する信頼度の重要さを説いていた。