野村周平、東山紀之、中島健人

3月28日(木)19時57分から放送されるフジテレビ開局60周年ドラマ『砂の器』に主演する東山紀之、野村周平、中島健人(Sexy Zone)、そして柄本明がこのほどクランクアップを迎えた。

1974年の映画化以降、映像化のたびに日本中の話題をさらってきた松本清張不朽の名作を、清張生誕110年でもある2019年、現代を舞台に全く新しい解釈でドラマ化する今作。2018年、ハロウィーン当日の渋谷で、撲殺死体が発見され、主人公で捜査一課の刑事・今西栄太郎(東山)は独自捜査に乗り出す。手がかりは被害者の東北訛りと、“カメダ”という言葉で、それらを追跡していくと新たな謎が浮上する。犯人でもある天才作曲家の和賀英良(中島)は、周到かつ完璧な殺害後、協奏曲「宿命」の作曲に没頭していた。和賀は大物大臣の令嬢と婚約しているが、心は梨絵子(土屋太鳳)の元に……殺人を犯した直後、梨絵子のアパートに身を寄せる。和賀が自身を頼ってくれたことに喜びを感じるも、和賀が脱ぎ捨てた血のついたシャツを見つけ……。

警視庁捜査一課の刑事・今西を演じた東山と、バディを組んだ若手刑事・吉村弘役の野村は、都内の駐車場にてクランクアップ。中島演じる天才作曲家・和賀をいよいよ逮捕しに現場に到着したシーンだった。新曲の「宿命」を演奏し、喝采をあびた和賀は、婚約者の佐知子(桜井日奈子)と幸せなひとときを過ごしている。そこにふたりの刑事が向かっていく……どこか和賀の人生に共感していた今西は、複雑な思いを胸に吉村と歩を進めるのだった。

河毛俊作監督から「OK」の声がかかると、スタッフから「吉村弘役、野村周平さん、オールアップです!」の掛け声とともに拍手が。河毛監督から花束を受け取ると、野村は「短い時間でしたが、監督はじめキャスト、スタッフの方に出会えて、何よりも東山さんに出会えたことが宝物だなと思いました」とコメント。

続いてスタッフより「今西栄太郎役、東山紀之さん、オールアップです!」の声とともに、スタッフの大きな拍手と歓声が。同じように監督から花束が渡されるのかと思いきや、一足先にクランクアップを迎えた中島が、東山の背後から花束を持って登場! 東山は一瞬驚くも「おー! 来たのか」と笑顔に。

東山は「河毛監督とも久しぶりにご一緒させていただいて、十何年ぶりということだったのですが、また近々ご一緒したいと思っております」と真面目なあいさつで締めるのかと思いきや、カメラを見て「こういうときのために(カメラが)あったんじゃないかな、セクシーサンキュー!」といきなり“お約束”のポーズを。作品のカラーとは違いすぎる“セクシーサンキューポーズ”は封印されてきたはずだが、座長・東山のおどけたコメントに撮影現場の駐車場はスタッフの笑い声に包まれた。

この日、都内の別現場にてクランクアップを迎えた中島は、花束を差し出した河毛監督とハグ。中島は「本当にありがとうございます。今まで24年間はアイドルとして光を表現することが多かったのですが、25歳をきっかけに、人間の影を表現する『砂の器』の和賀英良という役に巡り会えたことは、大きな財産になったと感じております。15年前からこの作品に憧れていましたので、和賀英良にめぐり合わせてくれたすべての方々に感謝しております。支えてくださった河毛監督、スタッフの皆様、東山さんを始めとした素敵な共演者の皆様に感謝しております。この作品をきっかけに、素敵な25歳を、25歳以降を歩めたらいいなと思っておりますので、明日以降もしっかりと大きな器で頑張ってまいります。ありがとうございました」と熱く語った。

そして、柄本は、広島でクランクアップを迎えていた。かつて千代吉が営んでいた造船所でのシーン。時代は若かりし頃となり、髪も黒く染めのぞんだ。カットがかかり、テープのチェックが済むとスタッフから「チェックOKです! ということは……本浦千代吉役、柄本明さんオールアップです!」と声がかかり、監督から花束が渡された。

柄本から笑みがこぼれ「何か質問されるのかな?」とおどけつつ、「このような大作、名作に出させていただき本当にありがとうございました。監督ありがとうございました。皆さま本当にお疲れ様でした。作品の成功を願っております。(放送まで)そんなに日にちがないので皆さん、編集、仕上げに向けて大変だと思いますが、体壊さないように頑張ってください。良い作品になりますように、本当にお疲れ様でした!」とスタッフにねぎらいの言葉を送った。