グラビアアイドルの青山ひかるがこのほど、東京・秋葉原のソフマップで最新イメージDVD『Lovely Blue』(発売中 4,104円税込 発売元:ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントを行った。

DVD『Lovely Blue』の発売記念イベントを行った青山ひかる

2013年のデビュー以来、ロリータフェイスに似つかわしくない95㎝のIカップバストで大人気の青山ひかる。最近はバラエティー番組の出演や女優としても活躍しており、初主演映画『ふたりエッチ』が4月22日から公開される。通算18枚目となる同DVDは、昨秋にグァムで撮影。青山が夫と思われる男性とハネムーンでグァムを訪れるというシチュエーションが展開される中、セクシーすぎる衣装や水着などを着用してボディーを披露している。

胸元が開いたセクシーな水着姿で報道陣の取材に応じた青山は「今回のDVDは新婚旅行という感じで、白い帽子を被っている時はウエディングをイメージした衣装になっています。全身白に統一したので、中のブラジャーも白になっています」と最新作を解説した。お気に入りについては「久しぶりにビーチで撮影しました。海でバナナボートに乗ったんですが、内容的に濃い運動を久し振りにやりましたね」と語ったビーチでのシーンは水色のセクシーなビキニを着用。ジャケットにも掲載されている眼帯ビキニを着たシーンは「プールでのシーンだったので、ズレてヤバイことになりました。泳ぐと水圧とかで全部剥がれたりして(笑)。その都度中断してすみませんと謝り、何度も撮り直しました(笑)」と撮影秘話を明かした。

DVDのイベントは実に1年ぶり。「ありがたいことに忙しくなってきて、DVDも年に1回、多くて2回リリースできるように上手いこと調節していきたいと思っています」とタレントや女優の仕事が急増してもグラビア継続を宣言。また、初めて主演を果たした映画『ふたりエッチ』についても「森下悠里さんが演じた役ということですごいプレッシャーを感じてどうしようかと思いました」と明かしつつ、「自分なりに健康的で健全なエロさを出しつつ、ドキドキするような作品になったと思います」と自信を見せていた。