「少年ジャンプ+」と「TikTok」がコラボするキャンペーン「動画投稿者マンガ化企画『#マンガ化されたい』」のビジュアル

 集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」と動画アプリ「TikTok」がコラボするキャンペーン「動画投稿者マンガ化企画『#マンガ化されたい』」が開催されることが25日、分かった。キャンペーンでは、ハッシュタグ「#マンガ化されたい」をつけて「TikTok」に投稿された動画の中から「少年ジャンプ+」編集部が1本を選び、投稿者への取材に基づいて「ジャンプ+」の連載作家が描き下ろしマンガを制作し、掲載する。応募期間は25日~4月22日で、5月10日に結果を発表する。

 同キャンペーンの実施に伴い、「TikTok」で人気のすずさん、KAZUちぇるさんのそれぞれを主人公にしたマンガを「少年ジャンプ+」連載作家が描き下ろし、25日から「少年ジャンプ+」で公開。すずさん主人公のマンガ「主人公への道のり@すず」は、原作をサクライタケシさん、作画を萩原あさ美さんが担当。KAZUちぇるさん主人公の「主人公への道のり@KAZUちぇる」は、原作をサクライタケシさん、作画を仲島歩さんが担当。2人の素顔や「TikTok」で人気者になるまでが描かれる。

 すずさん、KAZUちぇるさんは、今回のキャンペーンのために作成された音源をもとに、「#マンガ化されたい」チャレンジの公式動画を踊っており、「TikTok」内の「#マンガ化されたい」チャレンジページで公開中。