「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」の製作発表会に登場した坂口健太郎さん

 俳優の坂口健太郎さんと吉田鋼太郎さんが24日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開かれたゲームイベント「FINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL 2019 in TOKYO」内の「劇場版 ファイナルファンタジー(FF)XIV 光のお父さん」(野口照夫監督、山本清史監督、6月21日公開)の製作発表会に登場。同作で吉田さんとダブル主演する坂口さんは「ゲームは大好きで、FFシリーズはほぼ全編やっている」といい、「FFXIV」やシリーズ最新作の「FFXV」もプレーしたことを明かした。

 さらに坂口さんは「『どこかで(僕のFF好きを)知って(オファーを)くれたのかな?』と思っていたら、監督から『ゲームをやるの?』と聞かれた」と少し残念そうな表情を見せながらも「(ゲームの)XIVは面白いので、映像でそれをどう伝えていくのか。(父親役の)鋼太郎さんと親子の愛をしっかり演じたい」と意気込んでいた。

 吉田さんも負けずにゲームへの愛を語り、「僕らはファミコン世代。20歳ぐらいのときにファミコンが登場して、すぐ飛びついた。ファミコンからスーファミ(スーパーファミコン)、プレイステーションもやりました。FFも『I』からやっています。『XIV』も『XV』もやって、『XV』のオンラインバージョン『戦友』もやりました。(データ容量が大きすぎて)ダウンロードするのに3日かかりました」と話し、周囲の笑いを誘っていた。

 「光のお父さん」はスクウェア・エニックスの人気オンラインゲーム「FFXIV」をプレーする親子の姿をつづった実話のブログが原作。2017年に連続ドラマ(TBS・MBS)が放送され、千葉雄大さんと故・大杉漣さんが親子役を演じた。映画は、キャストを一新、映画の脚本にも大きな変更を加えるというが、制作はドラマ版のスタッフが引き続き担当する。

 映画は、仕事一筋の父・岩本暁(吉田さん)が突然仕事を辞めてしまい、父の本音を知りたいと思ったアキオ(坂口さん)が、ゲーム「FFXIV」の世界に誘い、正体を隠して共に冒険に出るが、父に意外な顔があることを知る……というストーリー。アキオの同僚・里美役は佐久間由衣さん、アキオの妹・美樹役は山本舞香さん、アキオの会社の先輩・吉井役は佐藤隆太さん、アキオの母役は財前直見さんがそれぞれ演じる。