「AnimeJapan 2019」の「PSYCHO-PASS サイコパス」のイベントに登場した梶裕貴さん(左)と中村悠一さん

 SFアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」のイベントが24日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の「AnimeJapan(アニメジャパン) 2019」で行われ、中村悠一さんら声優陣が登場した。中村さんは冒頭で「色相がやや濁っている中村悠一です」と劇中で人間の心理状態を表現する「色相」というワードを使って自己紹介し、会場の笑いを誘った。

 イベントには、声優の関智一さん、野島健児さん、梶裕貴さんも登場。中村さんと梶さんは、10月に放送されるテレビアニメ第3期から同シリーズに声優として参加する。作品では先輩にあたる関さんに中村さんは「分からないことは全て監督に聞いたほうがいいですか」と質問。中村さんが質問を記したフリップに、アニメ「ドラえもん」のスネ夫の絵を描いていたため、スネ夫の声優を務める関さんが「そのほうがいいよ~」とスネ夫の声で返す一幕もあった。

 「PSYCHO-PASS」は、人の心理状態などを数値化して判断できるようになった近未来の高度情報化社会を舞台に、厚生省公安局の刑事の活躍を描く近未来SFアニメ。完璧に見える社会が持つ矛盾が描かれた。テレビアニメ第1期が2012年10月~13年3月、第2期が14年10~12月に放送され、劇場版が15年1月に公開された。今年、新作劇場版アニメ3部作として、「Case.1 罪と罰」が1月25日に、「Case.2 First Guardian」が2月15日、「Case.3 恩讐の彼方に__」が3月8日に公開された。テレビアニメ第3期が10月に放送。