アドレスホッパーの生活に感心するマツコ

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。3月23日の放送は、自宅を持たない新しいライフスタイルが注目されている「アドレスホッパー」の集まるイベントと中継を結ぶ。

近年、自宅を持たずにサウナやゲストハウス、友人宅を転々とする「アドレスホッパー」と呼ばれる人々が急増。番組では、そんなアドレスホッパーたちの集まるイベント会場に潜入する。

中継班がまず目をつけたのは、リュックを囲んで話し込んでいる4人の男性。その中の一人はアドレスホッパーで、他の3人にアドレスホッパーをする上でのおすすめのリュックを紹介しているところだったという。そんな彼らの生活にマツコも興味津々。「お兄さんはどこに住んでるの?」と尋ねると、サウナやゲストハウスなど、その日ごとに泊まる場所を探すのだそう。さらに、毎月のお金もそれほどかからず、「部屋を借りている時と変わらない」そうで、金銭面を心配していたマツコもホッと一安心。

かつては自分の家に住んでいたこともあったという彼だが、ある日、家に帰ることが“惰性”にしか感じられなくなり、定住生活と決別。現在の家を持たないライフスタイルに行き着いたのだとか。「帰るのは惰性なの!?」と驚くマツコに対し、彼は、家に帰ることがなくなると、「今日はどこ行こう」「週末どこに行こう」など、アクティブになれるメリットがあると説明する。

続いては、ホストのローランドのような綺麗な金髪にサングラスをかけた、ちょっと癖のありそうな男性が登場。アドレスホッパーだという彼は、今のライフスタイルについて「1か月単位で定期的にクラス替えをしている感覚」と解説し、マツコを唸らせる。マツコは、彼らアドレスホッパーについて、「特定の濃い関係で収まってしまうところを、常に“はじめまして”的な状態になることを自分で作っている」と評し、「新しい仕事の価値観も含め、みなさん新しいことをやられているなってすごく思う」と感心する。

番組では他にも、地方の食材の魅力を再発見することに着目している料理人アドレスホッパーや、週末限定の婚活アドレスホッパーなどが出演。様々な理由で住む場所を転々としているアドレスホッパーたちとマツコが爆笑トークを繰り広げる。