車のニュース[2019.03.22 UP]


メルセデス・ベンツ、EクラスにBSGと48V電気システムを採用した「E200アバンギャルド」を導入

メルセデス・ベンツ Eクラス アバンギャルド スポーツ

メルセデス・ベンツ日本は3月22日、Eクラス(セダン/ステーションワゴン)に新技術「BSG」(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)と48V電気システムを搭載したE200アバンギャルドとE200アバンギャルド スポーツ、さらに258PSを発生する直列4気筒エンジンを採用したE300アバンギャルド スポーツを導入し、注文受付を開始した。価格は721万~893万円。納車予定は2019年6月以降を予定している。


新技術のBSGと48V電気システムを採用したパワートレーン


E200アバンギャルドとE200 4MATIC アバンギャルドに搭載された新開発1.5L直列4気筒ターボエンジン「M264」には、新技術のBSGと48V電気システムを採用し、高性能化と同時に効率性・快適性の向上を実現している。

ターボチャージャーにツインスクロールシステムを採用したM264エンジンは、 単体で最高出力184PS(135kW)、最大トルク280Nmを発揮し、さらに状況に応じて最適な吸気をコントロールする可変バルブリフトシステム「カムトロニック」も搭載する。またメルセデス・ベンツが特許を持つ「コニックシェイプ加工」をエンジン内部に採用。シリンダーウォールを底部に向けてやや広がる形状に加工を施して、ピストンが熱で膨張した時の摩擦を低減させている。



スターターとジェネレーターを兼ねるBSGと48V電気システムは、ベルトを介してクランクシャフトに接続され、回生ブレーキなどにより発電した電気を約1kWhのリチウムイオン電池に蓄電する。最大トルク160Nmの動力補助を行って、振動の少ないエンジン始動やパワフルな加速、レスポンスのよいシフトチェンジに貢献するなど、パワートレーン全体のポテンシャルを高めている。電動化されたウォーターポンプは、必要に応じて冷却能力を最適に調整し、さらなる効率化を実現する。


E300アバンギャルド スポーツには2.0L直列4気筒エンジン搭載


E300アバンギャルド スポーツには、ツインスクロールターボチャージャーとカムトロニックを採用した2.0L仕様の直列4気筒エンジンM264が搭載され、低回転域から高回転域まで滑らかで高レスポンスな加速を実現する。従来のE250と比較して、最高出力は47PS(35kW)アップの258PS(190kW)、最大トルクは20Nmアップの370Nmを発揮する。


ラインナップ/希望小売価格


E200アバンギャルド、E200 4MATIC アバンギャルドおよびE300アバンギャルド スポーツ(セダン/ステーションワゴン)のラインナップと希望小売価格は以下の通り。





関連情報


ボディタイプ:ステーションワゴンボディタイプ:セダン新車ターボ・過給器輸入車