ビッグコミックスペリオール8号

本日3月22日発売のビッグコミックスペリオール8号(小学館)には、森高夕次原作、星野泰視作画「江川と西本」が表紙に登場。今号には江川卓と西本聖のインタビューが掲載されている。

「江川と西本」は、巨人軍を支えた“怪物”江川卓と“雑草”西本聖のライバル2人を描いた作品。インタビューでは巨人軍で再会した際の印象や、1981年の「沢村賞」について、またライバルの存在意義などを2人がそれぞれ語っている。さらに2人のサインが入ったサインボールが抽選で2名に当たるプレゼント企画も。詳細は誌面にて確認しよう。

なお次号では中田アミノの新連載「筆とあいつがいればいい。」が開幕。4月26日発売の10号では「兄の嫁と暮らしています。」のくずしろによる新連載「永世乙女の戦い方」、5月10日発売の11号では山本さほの新連載、5月24日発売の12号では「医龍-Team Medical Dragon-」「第3のギデオン」の乃木坂太郎による新連載が予定されている。