左からムロツヨシ、蜷川実花、小栗旬、福田雄一

小栗旬が主演を務め、3月23日(土)、24日(日)に放送されるテレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル『二つの祖国』(二夜とも21:00~)に、福田雄一と蜷川実花が出演することが決定。さらに小栗が仕掛け人となり、ムロツヨシを驚かせるためのドッキリが敢行された。

発行部数250万部を超える山崎豊子のベストセラー小説をドラマ化した本作。1900年代を舞台に、日本とアメリカの二つの国の狭間で家族の絆を引き裂かれながらも、未来を信じ激動の時代をたくましく生きた家族の物語が展開される。小栗は日系二世でロサンゼルスの日本語新聞社「加州新報」の記者・天羽賢治、ムロはアメリカで成功するため日本人であることを捨て去ろうとするチャーリー田宮を演じる。

福田と蜷川が撮影に挑んだシーンは、ムロ演じるチャーリーが婚約者である小松原玲子の両親の前で、自分が唯一弾ける楽器であるハモニカを冷や汗をかきながら披露するという重要なシーン。「どのような役柄もスマートに演じるムロさんが、どうしたら一番冷や汗をかくだろうか……?」という現場の試行錯誤の末、小栗とタカハタ秀太監督が、これしかないと発案したアイデアだ。

婚約者の父・小松原彌之助役で福田、その妻役で蜷川が登場すると、ムロは「嘘でしょ? 何やってるの? 本当に? 似てるなあって思ってた……何してるの!?」「ダメじゃん! だって山崎豊子先生の原作だよ!?」と動揺。小栗が企画したサプライズは大成功! 撮影現場はしばし笑いに包まれた。なお何度も福田作品に出演しているムロだが、蜷川とは初対面。奇跡の4ショットが実現したこの貴重なシーンに注目だ。

なお、阿川佐和子がナレーターを担当する。