ムロツヨシ

俳優のムロツヨシが3月19日、テレビ東京本社にて行われた開局55周年特別企画ドラマスペシャル『二つの祖国』(3月23、24日放送、21:00~)の記者会見に出席。今回の出演は、主演の小栗旬から熱烈な出演オファーを受けたことを明かした。

発行部数250万部を超える山崎豊子のベストセラー小説をドラマ化した本作。1900年代を舞台に、日本とアメリカの二つの国の狭間で家族の絆を引き裂かれながらも、未来を信じ激動の時代をたくましく生きた家族の物語が展開される。ムロは、小栗演じる日系二世でロサンゼルスの日本語新聞社「加州新報」の記者・天羽賢治と対立するチャーリー田宮に扮する。

この日はムロのほか、多部未華子、高良健吾、新田真剣佑、松重豊も会見に出席。最初に挨拶を始めたムロは「まさか一番最初に僕が……」と口ごもると「小栗旬が不在で本当に申し訳ありません」と謝罪する。そんな小栗は、仕事先のオーストラリアから生中継で会見に参加。陽気に手を振るなど、終始にこやかな表情を浮かべていたが、ムロは小栗にまつわる熱い秘話を披露する。

ムロは「いきなり小栗くんから『出てほしい作品があるんだ』と電話が掛かってきたんです」と切り出すと、1984年に「二つの祖国」を原作とした大河ドラマ『山河燃ゆ』で、チャーリー田宮を演じた沢田研二を引き合いに出し、小栗から「いまの沢田研二さんはムロくんだよ」と熱弁を振るわれたことを明かした。そんな小栗の熱い言葉を受けたムロは「台本を読んで、こういう役を15年来の友人が僕にすすめてくれるのはありがたい」と快諾したという。

また、共演者との撮影エピソードを聞かれた多部は「この作品は私自身、20代最後の撮影だったんです」と語り出すと「そこでムロとのキスシーンがありました。20代最後のキスがムロさんであることが、とても光栄でした」と笑顔を見せる。すると、ムロは「30代最初のキスも目指しますよ」と宣言し、報道陣を笑わせていた。

最後に小栗は、「いろいろな年代の方が、意見を交わせる内容のドラマです。この作品を観て、なにか考えるきっかけになってもらえれば」と作品に込めた熱い思いを語っていた。