武田梨奈が主演を務めるドラマ『ワカコ酒 Season4』(BSテレ東、毎週月曜24:00~)の第10夜「昔ながらの定食屋で一杯」が3月11日に放送。呑兵衛女子・村崎ワカコ(武田)は、町の定食屋さんへふらり、瓶ビールと鯖煮をチョイス……。

“酒呑みの舌”を持って生まれた26歳のOL・ワカコがさまざまな場所をさすらい、女ひとり酒を堪能する同名グルメ漫画を実写ドラマ化した本作がシーズン4をむかえ、早くも話題に。ワカコの酒との付き合いを優しく見守る友人や会社の同僚、行きつけの店「逢楽」の大将ら、周りの人々。酒と料理がぴったりと合わさった刹那、全身が高揚感に包まれた彼女の口からは、思わず「ぷしゅー」と吐息が漏れる。

<第10夜あらすじ>
何事もなく平穏に過ぎた1日。こんな日はありふれたもので1杯やりたいもの。ワカコ(武田)は賑わう町の定食屋さんへ。おかずのショーケースに心惹かれるワカコ。瓶ビールと鯖の煮付けをチョイス。女主人が特製味噌をかけてくれて二つの味わいを楽しむ。お酒が足りなくなったワカコは日本酒の冷やとタコの酢の物を追加。平和な1日をかみしめる。

そして翌日。会社の同僚・みぃさん(山田キヌヲ)から昔ながらの産婆さんの話を聞いたワカコは自分の昔ながらを求めて……。