関西エアポートは、空港内のサービスをリアルタイムに評価・測定できるデバイス「Customer Feedback Device」(フランスSkiply社製造)を3月7日より関西国際空港に導入すると発表した。

「Customer Feedback Device」は、関西国際空港が提供するサービスへの評価を4つの選択肢の中から選べるデバイス。5言語(日本語・英語・韓国語・中国語(繁体字・簡体字))によって表示が行われる。

チェックインカウンター付近、保安検査場、出国審査場付近、案内カウンター、トイレ、授乳室、キッズコーナー、喫煙ルーム、祈祷室、駐車場 など、さまざまな場所に全85台が設置される。

  • 「Customer Feedback Device」設置イメージ画像

国内空港における「Customer Feedback Device」の導入は関西国際空港が初めてであり、今後は空港内店舗への設置、大阪国際空港(伊丹空港)や神戸空港での導入も検討されている。