ビジネスマンのマストアイテムの1つともいえる名刺。どうせ持たなくてはならないのなら、文字の大きさや色に気を配って、人生を成功に導くような名刺を手に入れてみてはいかがでしょうか?

名刺は会社の顔ともいわれるほど、大切なモノです。そして誰もが使うアイテムです。それゆえ、どのように作るかは重要です。

ある人は写真を載せる、ある人はイラストでアピールするなど、さまざまなアイディアがありますが、活用すべきは名刺にある「相」なのです。

◆名刺の「相」を意識し、ビジネス・金運を引き寄せる!
名刺という長方形の中には、位置ごとに開運が期待できる場所があります。

たとえば、営業で力を発揮したい営業マンであれば、左上の場所に会社のマークや文字を入れるようにするとよいといわれています。

また、どのような仕事であっても大切なのは、人気を得ること。人気があれば仕事の依頼が来る可能性は高まりますし、良い仕事とのご縁も期待できます。人気を得るためには、中央の下側にマークや文字を入れるとよいといわれています。

とはいえ下にマークを付けるって、ちょっと微妙ですよね。この位置にマークを入れたい場合には、しっかりとレイアウトを考えてデザインする必要がありそうですね。

そして誰もが気になる金運は、名刺の右下の場所です!! 意外と普通な場所で驚きもないかもしれませんが、金運アップを目指すなら右下にマークや文字を入れ、スペースを埋めるようにしましょう。

そして使うマークの色も重要です。色が成功を左右するともいわれており、最も運気の良いマークの色は金色です! これからロゴを作るのなら、金色で作るとよいですね。

◆会社名か個人名か。金運UPさせたい文字を大きくし、中央へ配置
レイアウトと共に悩んでしまうのが、文字の大きさではないでしょうか。その中でこだわってほしいのが、会社の名前と個人の名前のどちらの成功にフォーカスするのかということです。

金運にこだわって右下のスペースを埋めたとしても、会社の名前の方が大きければお金は会社に流れます。反対に会社の名前よりも個人の名前が大きい場合には、お金は個人に流れるようになります。

会社で名刺を作成する場合には、社員の名前よりも会社の名前を大きくする。フリーランスなどで活動している場合には、社名や屋号よりも個人の名前を大きくするのが、成功のポイントになります。

そして、一番成功できる名前の位置は、大きな字で中央に配置することです! 名刺を作り変えるときにはぜひ、名前を中央に配置してみましょう。

◆伝えたいことはスッキリと明記する
名刺を交換すると、ここぞとばかりに「宣伝ツール感」が満載の名刺を持っている人に出会うことがあります。おそらく、その人のポリシーだったり、PRポイントだったりするのだと思いますが、もらった方からすると、結局のところどのような仕事をする人なのかが分からない、ということがあります。それでは逆効果です。

名刺交換というのは、わずか数秒の行為です。その数秒間ですべてをアピールするのではなく、きっかけ作りとして名刺を活用できるようにしましょう。そのためは、その場にふさわしい会話を準備しておく、商品をアピールしたい場合は、別途サンプルを配るなどもよいですね。

ただ名刺を作り変えたからといって、それだけでビジネスで成功する訳ではありません。大切なのは真剣にビジネスに取り組むことです。自分の努力の後押しとして、名刺を活用していきましょう。

文=飯田 道子(マネーガイド)