BSテレ東の新土曜ドラマ9『やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛』(4月6日スタート、毎週土曜21:00〜)の追加出演者が6日、明らかになった。

  • 左から松尾諭、和田正人、竹中直人

同作は“弥次さん喜多さん”で知られる、江戸時代最大のベストセラー小説『東海道中膝栗毛』を原案に、ひょんなことから女と女房に捨てられ、江戸に居場所がなくなった喜多さん(和田正人)と弥次さん(松尾諭)が、東海道「お伊勢参り」にかこつけた”自分探し”の旅に出る。毎話旅先の“いい女”が女性ゲストとして登場し、弥次喜多コンビは女性の気をひくために何でもする。

今回明らかになったのは、のちに原作の作者ともなる十返舎一九役に決定した竹中直人。ペットであり相棒のモルモット・大福とともに弥次喜多コンビの奇妙な旅を追いかけて、面白いエピソードを執筆していく。今回は竹中と、案内役であるイケメン落語家・瀧川鯉斗からのコメントが到着した。

竹中直人 コメント

・出演依頼があった時の感想

主演の和田正人さんと松尾諭さんは一体どんな人間性を持った俳優さんなのだろう…嫌な人間性を持った人だったら耐えられないな…と思いました。

・弥次喜多コンビの印象

弥次喜多を演じる和田さんも松尾さんも嫌な人間性を持った人ではなく、よくこの世を生きて来られたなぁと思うほど変な方々で安心しました。おふたりのお芝居を見ているだけで《滑稽》という言葉がしっくりくる感じです。

・十返舎一九の印象

実存する作家の役を演じることはとても楽しい事です。十返舎一九は人間に対して愛のある意地悪さとユーモアを持ち活写する、機知に富んだ天才だったと思います。

・モルモット・大福とのエピソード

撮影現場での大福はまるで調教されたようにこちらの言うことをよく聞いてくれて、大福の撮影で手間取る事が一切なく、とてもありがたかったです。一体何を感じながら現場にいてくれたんだろう… 大福の小さな瞳と手足を思い出すと今もせつなくなります。

瀧川鯉斗 コメント

・出演依頼があった時の感想。

東海道中膝栗毛は小説で読んでいて大好きだったので、出演依頼が来た時はとても嬉しかったです。
それから「やじ×きた」のような道中もので「七度狐」という落語があるんですが、個人的にも好きな噺です。

・案内人として、出演した感想

撮影現場で和田さんと松尾さんが弥次さん喜多さんを演じている現場を実際に見させて頂きました。古臭くなく、フレッシュで、陽気で、お色気ありの「やじ×きた」を案内出来て光栄です!
案内人は基本1人で撮影だったのですが、和田さんと松尾さんは常に絡みがあってとても楽しそうに演じられていたので、今度は役者の方でも出たいと思います! 笑
そして松尾さんと共演する若手女優さんがブレイクしている様に、僕も是非あやかりたいですね! 笑