キャスターの小倉智昭が、きょう28日に放送されるフジテレビ系番組『直撃!シンソウ坂上』(毎週木曜21:00~)で、ガン発見の経緯から今の病状を赤裸々に語る。

  • 小倉智昭(左)と坂上忍=フジテレビ提供

昨年11月5日の『とくダネ!』生放送で膀胱(ぼうこう)ガンを公表した小倉。膀胱の全摘出手術を行ってからは驚異の回復を見せ、予定より1カ月早く今年1月7日に復帰した。

しかし手術の前と後で、小倉の生活は激変しているといい、その生活を探るべく、番組は小倉の1日に密着。さらに、MCの坂上忍が小倉の“秘密部屋”ともいえる自慢のDVDコレクションや音響設備が完備された事務所のプライベートルームで単独インタビューを行う。

また、番組では、小倉がガンを発見した際の様子を、徹底した取材をもとに作成したドラマで再現。30代半ばから糖尿病を患っていた小倉だからこそ奇跡的に気付くことができたガンの兆しとは…。

さらに、膀胱全摘に対する葛藤をどう乗り越えたのか。その決断の背景にあった大物俳優の存在を紹介。ガン告知から今まで小倉を支え続ける妻の言葉など、これまでに語られなかった事実も明らかにされる。

他にも、小倉は尿意をコントロールできないため生放送中でも、1時間に1度はトイレに行かなければならない現状が描き出されるなど、自身の小腸で膀胱の代わりを作る「代用膀胱手術」によって直面している苦悩が明かされる。

この日の放送では、2度の『NHK紅白歌合戦』出場経験がある実力派演歌歌手・神野美伽にも密着。神野は、昨年1月の舞台公演中に足の甲への強い痛みに襲われ、病院で「リスフラン関節症」と診断された。「リスフラン関節」とは、足の甲の中央にある関節に強い圧力がかかることで骨が変形し激しい痛みを伴う病で、「平昌オリンピック」を目指していたフィギュアスケートの羽生結弦選手がリスフラン関節の靱帯(じんたい)損傷を負ったことでも知られる。

神野の場合、診断の時点でリスフラン部分の骨が穴だらけという重症だった。手術を担当した医師によれば、リスフラン関節症は、女性が毎日のように使う身近なものが原因で引き起こされることが多いという。神野を苦しめた「リスフラン関節症」の原因とは…。

(C)フジテレビ