車のニュース[2019.02.27 UP]


ジープ、SUV「コンパス」に砂漠をイメージしたボディーカラーの限定車登場

ジープ コンパス モハベ・サンド・エディション

FCAジャパンは、コンパクトSUVのジープ・コンパスに限定車「コンパス・モハベ・サンド・エディション」を設定し、3月9日から発売する。全国100台限定で、価格は369万円。


モハベ砂漠をイメージしたボディカラー


ジープ・コンパスは、タウンユースを軸とするクロスオーバーSUVで、コンパクトなボディサイズにジープブランドを継承するエクステリアを備える。今回の限定車は、2019年1月に仕様変更されたグレード「ロンジチュード」をベースに、コンパスとしては初採用となるベージュ系カラーの「モハベ・サンド・クリアコート」をエクステリアに採用。米国南西部のカリフォルニア州、ユタ州、ネバダ州、アリゾナ州にまたがる広大なモハベ砂漠をモチーフにしたカラーリングは、ロンジチュードのブラックルーフとのコントラストによって、ボディ全体に強い力感と引き締まった印象を与えている。

インテリアは、エクステリアカラーをベースとする、ベージュとブラックのツートンでまとめられ、高い質感を演出している。








先進安全装備も充実


また、クラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付きの前面衝突警報やLaneSense車線逸脱警報プラス、ParkSense縦列/並列パークアシスト、ParkViewリアバックアップカメラ、アダプティブクルーズコントロールなどの数々の安全機能や装備を備え、高い安全性能を実現している。

内外装に特別カラーを採用したこの限定車だが、価格はベースモデルから据え置きの369万円となっている。


クラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付きの前面衝突警報


LaneSense車線逸脱警報プラス


アダプティブクルーズコントロール


ParkViewリアバックアップカメラ



関連情報


ボディタイプ:SUV・クロカン輸入車