テレビ朝日は21日、東日本大震災とその後の復興の様子の映像をGoogle マップの上で可視化するニュース企画サイト「●REC from 311~復興の現在地」を公開したことを発表した。

「●REC from 311~復興の現在地」は、被災地など100か所以上の「定点撮影」映像と、テレビ朝日をはじめとするANN系列(全国26局ネットワーク)で制作・放送された復興関連のドキュメンタリー番組やニュース企画の映像を集約したもの。Google マップ上でそれぞれの現場にあたる地点に埋め込んでいる。これにより、震災から8年間の時間の流れやそれぞれの場所で何が起きていたのかが直感的に分かり、地図上を移動するように視聴していくことも可能だ。

本取り組みは、デジタルニュースの信頼性と質の向上を目指すGoogle ニュース イニシアティブ(GNI)の支援を受けて実現。テレビ朝日が中心となって運営するYouTubeチャンネル「ANNニュースチャンネル(ANNnewsCH)」は、昨年12月、GNIの一環で、動画ニュースの革新に向けたYouTube イノベーションファンディングの対象に選ばれている。

今回、テレビ朝日は、本企画を制作・運用するため、YouTubeへの動画投稿とGoogleマップへの埋め込みを同時に行える配信システムを開発。今後もこのシステムを活用して、映像を地図上で見せるデジタルニュース企画を様々なテーマで展開していく予定だ。

テレビ朝日報道局は、かねてから東日本大震災直後からカメラマンが中心となり、「震災以降」の被災地の風景の変化を同じ場所、同じアングルから撮影する「定点撮影」に取り組み続けている。

●REC from 311~復興の現在地:https://news.tv-asahi.co.jp/special/recfrom311/
YouTube ANNニュースチャンネル(ANNnewsCH):https://www.youtube.com/user/ANNnewsCH
Google ニュース イニシアティブ:https://newsinitiative.withgoogle.com/intl/ja/