ハイレゾ対応イヤホンおすすめ25選|高音質から日常でも音楽を楽しもう!

【この記事のエキスパート】

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家:折原 一也

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家:折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。

日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。

高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。

AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。


高音質なハイレゾ音源を聞くために必要なハイレゾ対応イヤホン。一見ハイレゾ対応でないイヤホンと違いがなく、価格帯もバラバラのため、どういった基準で選べばいいのか迷っている人も多いでしょう。この記事では、おすすめのハイレゾ対応イヤホンとその選び方をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

高画質に録音・再生
そもそもハイレゾとは?

ハイレゾ(High-Resolution Audio)とは、音楽CDより高音質に音楽を録音・再生するための取り組みです。元々音楽CDには44,100Hz/16bitという形式デジタル音源を収録していています。それを例えば192,000Hz/24bitのように最大6.5倍の情報量に拡大して、もっと高音質で音楽を楽しめるように音楽業界と家電業界を中心にはじまりました。

2014年には「Hi-Res AUDIO」のロゴも制定され、ハイレゾ対応の音源、音楽プレーヤー、イヤホンといった製品がパッケージからひと目でわかるようになっています。

臨場感のあるサウンド
ハイレゾ対応イヤホンの特徴

ハイレゾに対応しているイヤホンの特徴としては聴く音全体の音圧のバランスがよく、よい音できこえることが挙げられます。人間が雰囲気でしか感じられない音まで再生できます。

映画であればより臨場感のある効果音になります。音楽では楽器ごとのキャラクターによって放たれる個性の音まで聞き取ることができるでしょう。

接続方法や機能で
ハイレゾ対応イヤホンの選び方

オーディオ&ビジュアルライター・折原一也さんに、ハイレゾ対応イヤホンを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

接続方法で選ぶ

【エキスパートのコメント】

ハイレゾに対応したイヤホンは機器との接続方法がいろいろと選べます。音楽プレイヤーなどでは3.5mm径のステレオミニプラグが一般的でしょう。スマートフォンはイヤホンジャックが無い製品もあるのでUSB-TypeCやLightningでの接続が主流です。

Bluetooth対応のハイレゾ用イヤホンはワイヤレスであるため、音楽プレイヤーやスマートフォンと有線でつなぐ必要がないので使い勝手がよいでしょう。しかし、音質を伝達するのが難しく、有線タイプのものよりラインナップは少なめです。

ドライバーユニットで選ぶ

イヤホンはいわば耳用の小さなスピーカーという考え方になります。スピーカーの部分はドライバーユニットといい、大きく二種類に分かれます。それはダイナミック型とバランスド・アーマチュア(BA)型です。

ダイナミック型は一般的なイヤホンのユニット方式で低音再生がしやすい形状になっています。BA型は中高音域の再生がよく、歌ものの音楽に相性がよいでしょう。この二つを合わせたハイブリッド型というタイプもあります。

ノイズキャンセリング機能を考える

イヤホンの一般的な機能となりつつあるのがノイズキャンセリングです。かんたんに言うとイヤホンの外でなっている騒音をかき消して、聴いている音楽を聴こえやすくする機能です。

ハイレゾ音源を聴く場合には、よい音質を聴きたいという目的でハイレゾ用イヤホンを使っているのでノイズに邪魔されることのないようにノイズキャンセリング機能があるものを選ぶとよいでしょう。

価格帯で選ぶ

高音質の基準であるハイレゾ対応のイヤホンですが、近年低価格化が進んでいて手頃な価格のモデルでは3,000~5,000円程度から選べます。より高音質なモデルを求めるなら1万円以上、数万円以上とさまざまです。

とくに1万円を越えるような高音質のイヤホンは、ハイレゾの基準を満たしているイヤホンが急増していて、高音質のイヤホンを探していたらハイレゾ対応イヤホンだった、なんてことも多くなっています。

メーカー別で確認する

ハイレゾ用イヤホンの選び方としては、メーカーで選ぶというのもポイントになります。音響機器を取り扱う企業は数多ありますが、そのなかからおすすめのメーカーを3つほどご紹介しましょう。

ハイレゾ音源の再生だけでなく、デザインやこだわりなども確認して、自分のお気に入りのメーカーからイヤホンを決めてみましょう。

ソニー

ソニーはゲーム機などをはじめ、日本のみならず世界的に知られている企業です。元々携帯音楽プレイヤーのパイオニアとして一時代を築いているだけあって音響関係の製品も多く取り扱っています。

音質だけでなく、使いやすくて聴きやすいイヤホンを作り出しています。常に一歩先をいく設計をされたハイレゾ用イヤホンは使い勝手のいい製品です。

JVCケンウッド

日本で歴史あるオーディオメーカーといえばJVCケンウッドの名前を挙げる人もいるでしょう。よい音源をよい音で聴けるような設計を繰り返し、ハイレゾの質を生かすモデルがたくさんあります。

いろいろな人にハイレゾ音源のよさを知ってもらうためにコストパフォーマンスのよい製品なども用意されていて、使う人の気持ちに立った製品づくりが見えます。

ゼンハイザー

ゼンハイザーはドイツで生まれた音響機器メーカーです。クラシック音楽を愛するヨーロッパ圏内ということもあり、オーケストラの音程も響き方も違う楽器の個性を正確に感じることのできるイヤホンを製造しています。

製品デザインもよく、音と形状で惚れてしまう人も少なくないでしょう。ハイレゾ用イヤホンも積極的に製造し、よい製品を提供しています。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)