那須アルパカ牧場【栃木県】

ここは日本で初めてアルパカの飼育を始めた牧場。那須高原の広大な敷地内に飼育ゾーンが設けられ、そこで約300頭のアルパカたちがのびのびと暮らしています。モフモフした毛の感触、まるで笑っているかのような表情は癒し効果満点。近づいてみて、アルパカのやさしさに触れてみましょう。

日本初、そして日本で一番アルパカが飼育されている牧場


はるか昔のインカ帝国時代から、アルパカは南米大陸の住民とともに暮らしてきた家畜。モフモフしているアルパカの毛は丈夫で滑らか、保温性の高さでも知られています。また、CMや写真集などでアルパカが好きになった人も多いのでは? ここアルパカ牧場は、日本で初めてアルパカの飼育を始めた牧場。1999年にジェット機をチャーターし、最初に200頭を輸入したそうです。当初は飼育にさまざまな困難がありましたが、やがて個体数は徐々に増加。11万㎡という広大な敷地内に2万5千㎡の飼育ゾーンが設けられ、今では約300頭となったアルパカたちが暮らしています。 アルパカは、臆病でシャイなのに好奇心旺盛というユニークな性格。そのせいか人なつっこく近寄ってきます。また、アルパカがときおり見せる表情はまるで笑っているようでもあり、思わずこちらも笑顔に。モフモフした毛に触れたり、一緒に散歩したり、また記念撮影を楽しむことができるなど、アルパカ好きとってはまさに聖地ともいえる施設です。 入場ゲート前に売店があり、アルパカのオリジナルグッズなどを購入できます。かわいいアルパカグッズを是非ゲットしてみてください。