前田健太

超一流アスリートたちが勝てなかった天才たちを紹介する『消えた天才』(TBS系、毎週日曜20:00~)。2月10日は19時から2時間スペシャルを放送。メジャーリーガー・前田健太や、サッカーの川澄奈穂美、大久保嘉人らが敵わなかった天才たちが登場する。

バナナマンがMCを務める同番組は、各界の超一流が勝てなかった“消えた天才”の第二の人生をのぞき見するドキュメントバラエティ。現在は姿を消してしまったが「あの時スゴかった天才」の“今”を追跡し、驚がくの転身や今だから言える衝撃の事実に迫っていく。ゲストとして、川澄、榊原郁恵、佐藤栞里、澤部佑(ハライチ)、畠山愛理、原晋、北斗晶、前田、渡部建(アンジャッシュ)が出演する。

今回、ロサンゼルス・ドジャース・前田と共に中学時代世界一に輝いた日本代表メンバーたちの今を追跡。銭湯店主になっていた“前田キラー”のNo.1天才打者、1軍で出場ゼロでまさかの戦力外になっていた世代No.1ホームラン王、年商8億円の成功者になっていたNo.1頭脳派投手が登場。さらに前田が、世界最強中学生たちとスタジオで15年ぶり感動の再会を果たし、衝撃の事実が次々と明らかになる。

また、W杯世界一に輝いた“なでしこジャパン”の川澄が、小中高時代に衝撃を受けた天才キーパーも紹介。その天才ゴールキーパーは“あるハンデを乗り越え”戦っていて、サッカーを続けられなかった理由が判明。さらに、川澄との間にあった感動の友情秘話も明かされる。

そして、Jリーグ最多得点を記録する大久保が、人生最大のライバルと認める天才にも注目。大久保は、幼い頃から“勝てなかった”というその天才と、互いに意識しぎるがあまり、一度も口を聞かなかったほどバチバチの関係だったという。だが、大久保が日本代表で活躍した一方で、天才は全く活躍することなくサッカー界から姿を消していて……。今回、高校以来全く会話をしなかった2人が20年の時を経て、本音でぶつかる。