老後を意識する50代。平均貯蓄額はどれくらいなのでしょうか?

◆50代の平均貯蓄額は1481万円、中央値は900万円
老後が気になり始める50代。平均的にどれくらい貯めているのでしょうか?

2018年の調査では、50代の平均貯蓄額は1481万円、中央値(少ない順から並べたときに真ん中に位置する貯蓄額)は900万円。前年は平均貯蓄額が1113万円、中央値が400万円でしたからかなり増えています。一方、貯蓄がない世帯も17.4%あります。

年収別に、貯蓄ゼロ世帯の割合、平均貯蓄額、中央値を紹介します。

・年収300万円未満……貯蓄ゼロ39.2%、平均521万円、中央値50万円
・年収300万円~500万円未満……貯蓄ゼロ19%、平均935万円、中央値400万円
・年収500万円~750万円未満……貯蓄ゼロ12.4%、平均1563万円、中央値1000万円
・年収750万円~1000万円未満……貯蓄ゼロ4.3%、平均1883万円、中央値1500万円
・年収1000万円~1200万円未満……貯蓄ゼロ4.4%、平均1804万円、中央値1700万円
・年収1200万円以上……貯蓄ゼロ世帯6%、平均3723万円、中央値2831万円

※『家計の金融行動に関する世論調査2018(2人以上世帯調査)』より

年収が増えると貯蓄ゼロ世帯の割合は減っていますが、年収が多い世帯でも貯蓄ゼロがあります。

では、貯蓄ゼロ世帯を除き、金融資産を保有する世帯だけで見ると平均貯蓄額はいくらになるのでしょうか。

◆保有世帯の平均貯蓄額1828万円、中央値1186万円
金融資産を保有する50代の平均貯蓄額は1828万円、中央値は1186万円です。だいぶ高くなりますね。貯蓄額ごとの分布は次の通りです。

・金融資産100万円未満……4.9%
・金融資産100万円~200万円未満……5.4%
・金融資産200万円~300万円未満……3.7%
・金融資産300万円~400万円未満……5%
・金融資産400万円~500万円未満……2.2%
・金融資産500万円~700万円未満……6.9%
・金融資産700万円~1000万円未満……8.4%
・金融資産1000万円~1500万円未満……13.5%
・金融資産1500万円~2000万円未満……11.2%
・金融資産2000万円~3000万円未満……14%
・金融資産3000万円以上……14.8%
・無回答……9.9%

半数以上の世帯が1000万円以上の金融資産を持っています。40代以下に比べると、やはり多いですね。この調査は、無作為に抽出した全国約8000世帯に依頼し、回収された約3600世帯の回答をもとに作成されたもので、そのうち50代の世帯の分布です。

(データはすべて「家計の金融行動に関する世論調査2018年および2017年(2人以上世帯調査)」より。50歳は世帯主の年齢)

文=坂本 綾子(マネーガイド)