林修、大政絢、立川志らく、千原ジュニア、emma

2月10日放送の『林先生が驚く 初耳学!』(MBS/TBS系、毎週日曜22:00~)では、AIが考案した“100年後のミシュランガイドに載る料理”がスタジオに登場する。

全国から募集した選りすぐりの知識を、抜き打ちで林先生に出題。物知りの林修先生ですら知らなかったものを“初耳学”に認定する同番組。大政絢が初耳コンシェルジュを務めており、今回は、朝日奈央、emma、川合俊一、木下優樹菜、澤部佑(ハライチ)、立川志らく、千原ジュニア(千原兄弟)。中島健人(Sexy Zone)が出演する。

「アンミカ先生が教えるパリコレ学」では、アンミカが信頼する一流の講師陣の協力を得て、9人のパリコレモデルを目指す学院生たちが様々なレッスンを積み、モデルとしての技術を高め、それぞれの個性に磨きをかけてきた。

今回、アンミカが学院生たちへの最後のレッスンとして行うのは、仮想オーディション。実際に行われているモデルオーディションを学院生たちに体験させたいと、パリコレのオーディションの形式を限りなく再現し、実践形式の審査を行う。

パリコレ出展22年、現地では数百人のなかからモデルを厳選するというトップデザイナー、コシノジュンコや、パリコレではシャネルやルイ・ヴィトンなど数多くのブランドを担当してきたヘアアーティスト、Ryoji Imaizumiが、デザイナーとは別の視点で審査に参加する。

モデルとしての最低限の振る舞いや、ヘア、メイク、そしてウォーキング能力やその場での順応性などを評価。今回は、その場で合否を本人に伝え、改善点などを指導する。わずか数秒でジャッジされるオーディションで、学院生たちはどんな成長を見せるのか?

「スキャンダル日本史」では、千円札の肖像画としても知られ、3度もノーベル賞候補として名前が上がった野口英世の知られざるスキャンダルを紹介。お金にまつわる意外な一面と、彼の名前を巡る奇妙な偶然が引き起こした偉人らしからぬ傲慢な振る舞いが明らかになる。

また、“100年後のミシュランガイドに載る料理”としてAIが考案したレシピを実際に作った料理がスタジオに登場。味や材料に興味津々のゲスト陣だが、そこに使われている食材のひとつが“世界一不味い料理”、別名“古びた雑巾”と言われる料理の材料で……。決死の試食に挑む澤部だが、はたしてその味は? また100年のレシピから見えてくる100年後の世界にも迫る。

さらに、日本の食文化に大革命を起こした“スパイスカレー”にも注目。銀シャリが、東京・下北沢にある大阪発祥のスパイスカレーの人気店を訪ね、ブームのヒミツを探る。また、雪国秋田県で町ぐるみで学力向上に取り組む小学校を紹介。学力日本一を誇る小学校が実践する驚きの教育法が明らかになる。