イラスト/藤沢チヒロ

2月10日に放送される菅田将暉主演のドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第6話から第2章が開幕する。放送を前に、漫画家、イラストレーターとして活躍する藤沢チヒロさんが、これまでの『3年A組』の第1~5話の名シーンをイラストとともに振り返る。

「今から皆さんには、人質になってもらいます」
魁皇高校3年A組。朝のホームルーム。
卒業間近のゆるんだ空気が、担任の美術教師・柊一颯(菅田)の一言で一変する。
それは10日間に及ぶ命がけの「最後の授業」の始まりだった――。

日本テレビ系の日曜ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』。
主演の菅田将暉が演じるのは、温厚で生真面目で、生徒たちにイジられがち――だったはずが、突如豹変して生徒たちの命を盾に立てこもる教師。放送前の告知からは『バトル・ロワイアル』のような学園サバイバルなのかな……? という印象を持っていたが、私は見事にミスリードされてしまったかたちだ。このドラマは、いわゆるサイコサスペンスや学園ホラーではない――まさにあの『3年B組』と隣り合う、魂のこもったヒューマンドラマ……なのかもしれないぞ、と、毎週ゾクゾクしながら視聴している。

●校舎爆破に集団軟禁、殺害予告――センセーショナルな事件の始まり

特殊な鍵や窓の細工、校舎のいたるところに仕掛けられた爆弾。一颯の入念な計画のもと、3年A組の生徒29名は完全に孤立してしまった。阿鼻叫喚の教室で一颯が告げた解放の条件は、「自殺したクラスメイト・景山澪奈の死の真相をあきらかにすること」。その回答は学級委員の茅野さくら(永野芽郁)にゆだねられた。午後8時までに正解を導けなかったら、生徒のうち誰かが死ぬと告げられ――
警察や同僚の教師たち、SNS越しに事件を見守る大衆も巻き込んだ大がかりなパフォーマンス。捕まれば実刑確実なリスクを冒してまで、一颯が事件を起こした意図は何なのか。

●影のヒロイン・澪奈をめぐる高校生たちの愛憎と葛藤

本作のヒロインは、他の女子生徒とは違う熱量と独自の視点で事件を見つめるさくら(永野)、そしてすでに教室に存在しない景山澪奈(上白石萌歌)も影のヒロインと言えるだろう。
全国レベルの水泳の実力と美貌で、学校外でも有名人だった澪奈。自殺の原因はドーピング疑惑の悪評だとされていたが、話を追うごとに、彼女をめぐるクラスメイトたちの歪んだ思い、異常な行動が明らかになっていく。
もともとは熱狂的なファンから友人となったはずなのに、澪奈がいじめの標的になると、自らが次の標的になる恐怖から無視する側に加わってしまったさくら(1話)。
自分の思い通りにならない澪奈を憎み、彼女を貶めるフェイク動画を拡散した香帆(川栄李奈)(2話)。
そのフェイク動画を撮影したのは、澪奈に告白して断られた里見(鈴木仁)(3話)。里見に動画を撮るようそそのかしたのは、家族が困窮し、金欲しさから半グレ集団・ベルムスとつながっていた甲斐(片寄涼太)(4話)……

「なぜ、景山澪奈は死ななければならなかったのか。これから彼女の生きざまを通して、お前らの考えがいかに脆く弱いものなのか、思い知らせてやる。そして、変わるんだ……悪意にまみれたナイフで、けがれなき弱者を傷つけないように……変わるんだよ!」

「傷ついた悲しみを明日の活力に変えられなかった。それがお前の弱さだ」

「真実を明らかにして、明日と闘え! 抗え! もがいて掴め! 生きてるお前にはそれができるんだよ……」

偏った憧れ、執着や嫉妬、失恋の腹いせ……
極限状態で、秘めていた秘密や負の感情をあぶりだされた生徒たちに、一颯は熱い言葉を投げかける。
当初は、理解不能な行動と裏腹に繰り出される熱血教師的セリフに戸惑わされたが、彼の本心が露わになってくるにつれ、ひとつひとつの言葉は生徒たちに、そして私たちの胸に真っ直ぐ届き始める。

●明かされた新事実。事件の見え方がガラリと変わる!

立てこもりから4日、数々の衝突を経た3年A組に前向きな空気が流れ始めるなか、一颯は身体の激痛に襲われ昏倒した――彼は不治の病に罹っており、余命いくばくもない状態だった。
軟禁中もSNSに投稿していた内通者の判明、殺されたはずの生徒たちの全員生存。刻々と状況が変わるなか、ベルムスの資金源であるフェイク動画の発注者リストを入手したことで、新たな疑惑が浮かび上がる。澪奈を死に追いやった犯人は、魁皇高校の教師の中にいるというのだ――
一颯の「第二部、開幕――」のセリフとともに、新たな謎が示された。
Let's think!

●ドラマ後半も期待大! 3Aの生徒たちと一緒に真相を目撃したい!

謎と疑惑が交錯し、無駄なシーンは一切ないと思えるほどに張り巡らされた伏線、いっときも気を抜いて観られない学園×青春×ミステリー×アクション(ちょっとよくばり!)。
……いまのところ息抜きになっているのが、平成最後のカリスマ熱血教師・武智のかなりとぼけたシーンと、生徒だけでなく教員たちも踊れる魁皇高校名物の「朝礼体操」(甲斐くんのダンスはさすが見ていてほれぼれする!)、そしてちょくちょく挟まれる特撮ドラマのカット。これも物語の重要な伏線なのだろうか。
一颯の元恋人・文香(土村芳)やその父親の孝彦(矢島健一)、実は一颯とグルだった警視庁の理事官・五十嵐(大友康平)の抱える事情も気になる。景山澪奈を陥れた真の犯人は、魁皇高校の教師の誰かという疑惑も第6話では、なんらかしら明かされるはずだ。
一颯の「魂の授業」の行方から、目が離せない!注目の第2部は、今週日曜よる10時30分に開幕する。

イラスト・文/藤沢チヒロ