「家一軒建つほどの値打ち」と言われたお宝が登場

2月5日放送の『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系、毎週火曜20:54~)に、「家一軒建つほどの値打ち」というお宝が登場。依頼人の祖父が中国で購入した品物というが、一体どんな骨董なのか?

同番組は、依頼を受けた「お宝」の歴史的・資料的・金銭的価値を鑑定すると同時に、その「お宝」に対する人々の思いなどを伝えるバラエティ。今回の依頼人の祖父は、ニットの自動編み機の製造販売会社を興し、一代で財を築いた。

お宝は、祖父が昭和初期に、中国へ視察に行った際に現地の人に勧められて購入したもの。当時は、家にお宝がたくさんあったので気に留めていなかったが、40年程前、母が鑑定に出したところ「これで家一軒が建つ」と言われたそう……。以来ずっと気になっているので、鑑定してもらいたいとのこと。果たして結果は?