身長のサバ読みを反省するSOLIDEMO

全員の身長が180cm以上であることが売りの8人組男性ボーカルグループ・SOLIDEMOが、2月2日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演。「8人中3人が、180cmないこと」を反省した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム、大久保佳代子、博多大吉。

2014年に、イケメン8人組ボーカルグループとして、エイベックスからデビュー。その歌唱力が高く評価され、日本レコード大賞・新人賞を受賞し、ライブチケットはたった10分で完売。そんな大人気のSOLIDEMOの一番の売りは、“8人全員の身長が180cm以上”であること。番組への出演の度に、それをアピールし、結成当時からマスコミにも大々的に取り上げられ、注目されていた。

しかし、大吉と共演した際、182cmの大吉より明らかに低いSOLIDEMOメンバーの姿に、視聴者がざわついた。『有吉反省会』のスタッフが真相を確かめるべく、メンバーを直撃し、全員の身長を測らせてもらうことに。すると、手島章斗が176cm、佐々木和也が178.6cm、向山毅が178.7cmと、8人中3人の身長が180cmに達していない、という衝撃の結果に。

スタジオで佐々木は、「靴にインソールを入れていて、見た目が180cm以上あったので、ギリ大丈夫かな……と思った」と弁明するも、「勇気が要りました。5年間ウソをついてきたわけですから……」と、メンバー全員で反省。有吉は「今日、言えてよかったね」と優しく声をかけた。

また、メンバーの中でいちばん低い手島は、佐々木と向山も、180cmないんじゃないか……とずっと今まで疑惑の目で見ていたという。180cm以上ある東方神起と一緒に写真を撮った際も、身長がばれないようにとこっそり背伸びしているという証拠写真も明るみに。靴を脱がなければならない場面では、中腰の体勢を取って、ごまかしていた……など、身長ごまかし“あるある”エピソードも披露し、スタジオは笑いに包まれた。

向山・佐々木・手島は日々、歌のレッスンに通い、アーティストへの思いをつのらせるうちに、「どうしても歌でステージに立ち、このグループで人生をかけたい!」との思いでサバを読んでしまったという。今後は身長やコンセプトに頼ることなく「歌」や「ステージパフォーマンス」にこれまで以上に全力で挑戦し、真のボーカルグループに成長したい思いで反省と共に告白したと、意気込む。

番組の最後に向山・佐々木・手島は靴を脱ぎ、ありのままの正直な姿で、感動の歌声を披露する。