坂口健太郎主演ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第3話が、2月2日に放送される。

このドラマは、若き弁護士・黒川拓(坂口)の奮闘を描いたヒューマンリーガルエンターテインメント。黒川は、有罪率がほぼ100%といわれる日本の裁判で、無実の人の冤罪を晴らすため、執念と情熱、そして科学を武器に、冤罪事件を解き明かしていく。

第3話では、医療ミスの冤罪がテーマ。先日ゲストとして山本耕史と平岳大の出演が発表され、山本は医療事故が起こった大病院の外科副部長の磐梯(ばんだい)を、平が磐梯の同期で「医療ミス」の罪を着せられる外科医・雲仙を演じる。

<第3話あらすじ>
もともと理工学部にいた拓(坂口)が大学3年の時、訳あって法学部に移り弁護士を目指したという過去を知る楓(川口春奈)。そんな中、聡子(市川実日子)は心臓の手術中に起きた医療ミスの責任を問われて逮捕された医師・雲仙(平)の冤罪を晴らしてほしいという看護師の白山美紀(青野楓)を連れてくる。美紀は雲仙が病院側から罪をなすりつけられたと疑っていた……。早速接見に向かった拓と楓は、雲仙が何度も遺族に説明したいと頼んでいたにも関わらず、病院側に止められていたことを知る。

拓と楓、穂香(趣里)は病院側が遺族に送った内部調査報告書を手に現地調査へ。雲仙の同期で出世頭の磐梯(山本)に話を聞く拓たちだが、手術に立ち会ったスタッフについては急患が多いことを理由に会わせてもらえない。そして、再び接見に訪れた拓から内部調査報告書を見せられた雲仙は、その内容が全くのデタラメであることに愕然とする。病院側は雲仙の個人的なミスとして事態を終息させるため、組織ぐるみの隠蔽をしていたのだ。

拓たちは手術中に人工心肺の電源が突然落ちたと言う雲仙の証言を元に、その原因を探ることに。しかし、実は人工心肺メーカーは保駿堂事務所と顧問契約をしていた。事務所の利益を守るために拓を止める別府所長(杉本哲太)だが、拓は解雇を覚悟の上で真実を追う。そんな中、雲仙の起訴が確定。手術に立ち会った研修医に裁判での証言を頼む拓だが、裁判当日思わぬトラブルが起こる……!! 打つ手のない拓は、ある意外な場所で手がかりを掴み、科学者の秋保(藤木直人)の助けを借りて大規模な実証実験を始めるのだが……。