昨季から大宮でプレーしているロビン・シモヴィッチ [写真]=Getty Images

 大宮アルディージャは28日、スウェーデン人FWロビン・シモヴィッチが家庭の事情により、一時帰国することが決まったと発表した。

 シモヴィッチは29日のトレーニングを終えた後、チームを離脱。2月5日に再来日する予定となっている。

 シモヴィッチは1991年生まれの27歳。2016年から名古屋グランパスでプレーし、昨季開幕前に大宮へ完全移籍で加入した。昨季は明治安田生命J2リーグで26試合出場6得点を記録している。