お笑いコンビ・千鳥とアイドルグループ・℃-uteの元メンバーでタレントの岡井千聖が、22日深夜に配信されたインターネットテレビ局・AbemaTVのバラエティ番組『チャンスの時間』(毎週火曜24:00~25:00)に出演。番組が密着した“ギャラ飲み女子”の実態に驚いた。

  • 『チャンスの時間』

    千鳥の大悟とノブ、岡井千聖(左から)

同番組は、誰もが「言われてみれば気になる」と感じてしまうような身近にあふれる疑問を、MCを務める千鳥の2人と一緒に“クセの強い対決"で実際に検証し、真実を明らかにしていく新感覚バラエティ。今回、“ギャランティ”の出る飲み会、通称“ギャラ飲み”で生活費を稼ぐ女性同士、どちらがより多く稼ぐことができるかを競い合う対決“ギャラ飲み女王決定戦”SPの模様を配信した。

対決に参加したのは、女優やグラビアタレントとして活動する幸村未鈴、“Hカップ”のダイナマイトボディを持つユカリ、お酒が好きで“ギャラ飲み”を始めたと話すアイリの3人。“ギャラ飲み”が最も忙しいとされるクリスマスから年末年始にかけての3日間彼女たちに密着し、1番多くギャラを稼いだ人が優勝となる。

ギャラ飲みの様子が流れ、男女6人で行われた“パリピ飲み会”を終えたアイリが男性と肩を組んで店から出てきた様子を見て、ゲスト出演した岡井は「おったまげ」と一言。3時間程の飲み会で、約5万円稼いだアイリは「いつも通り」と笑顔で話した。

医者が開催する“ギャラ飲み”に参加した幸村は、飲み会前に「最低価格は5,000円なんですけど、もうちょっともらえるかなって。お医者さんなんで、将来の結婚相手を探してきます(笑)」とコメント。飲み会が終わり、「楽しかったです。イケメンドクターが何人かいて」と話す幸村の様子に、ノブは「イケメンドクター(笑)。しょうもないドラマのタイトルみたいな」とツッコんで笑いを誘った。

さらに、呼び出しならぬご招待!?で海外へと向かい、“ギャラ飲み”に参加したのはユカリは、帰国後、「美味しいお食事をして、色んなホテルのバーとか巡って、楽しくおしゃべりしながら観光してました」と説明。稼いだギャラについて「35万円。さらにチップで7万5,000円」と明かし、スタジオを驚愕させた。

  • 『チャンスの時間』
  • 『チャンスの時間』
  • 『チャンスの時間』

(C)AbemaTV