吉田羊、カレル橋にて

女優の吉田羊が、ある日本人女性の人生の足跡を辿る番組『吉田羊、プラハ・ウィーンへ ヨーロッパに嫁いだ なでしこ物語』(読売テレビ、日本テレビ系)が、2月3日(日)15時から放送されることがわかった。

今回、吉田が辿る日本人女性とは、今からおよそ120年前、激動のヨーロッパに嫁ぎ、「日本人の誇り」を胸に女手一人で7人の子どもを育てあげ、「汎ヨーロッパの母」と呼ばれるようになったクーデンホーフ光子。当時を知る人物や現地に残された資料をもとに辿り着く光子の本当の姿とは……。

1874年、東京・牛込(現在の新宿区)に生まれた青山ミツ。17歳の時に、光子は当時オーストリア・ハンガリー帝国の代理公使だったハインリッヒ・クーデンホーフ・カレルギー伯爵に見初められ19歳で結婚。西洋人貴族と日本人の初めての国際結婚といわれたシンデレラストーリーだ。

しかし日本での幸せな暮らしもつかの間、夫に母国から帰還命令が下され、光子は子どもをつれて夫の祖国オーストリア・ハンガリー帝国に渡ることになる。ところが、ほどなくして夫が病に倒れ急逝。遠い異国で孤立無縁の状態で7人の子どもを女手一つで育てることになった光子は、相続問題や戦争など、様々な逆境に翻弄されながらも、「黒い瞳の伯爵夫人」と呼ばれ激動のヨーロッパを生き抜いていく。

子どもたちに最先端の教育を受けさせようとウィーンに移り住み、息子を位の高い人々へ売り込むため社交界に積極的に顔を出すなど、時には母として、時には厳しい父として、家長として、子どもたちを育てた光子。そんな母に影響を受けた次男・リヒャルトが提唱した「汎ヨーロッパ主義」が、現在のEUが出来る礎となったといわれている。

番組では、光子の壮絶な人生を叙情的に描くと共に、吉田が、街全体が世界遺産に登録されそのロマンチックな街並みから「中世の宝石箱」とも呼ばれるプラハ(チェコ)や世界一住みやすい都市と言われているウィーンなど、観光地としても脚光を浴びる華やかな街をめぐる。