「CES 2019」今年注目された音楽関連の最新テクノロジー

毎年恒例の消費者向け家電の国際見本市、コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2019で注目を集めたのは「音楽」だった。今年のラスベガスで大注目された、ソニー、Apple、Spheroが発表したオーディオなどの最新テクノロジーを紹介する。

今週ラスベガスで行われた毎年恒例の消費者向け家電の国際見本市、コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2019で、注目を集めたのは音楽だった。スマートフォンを使ったスピーカーやホームデバイスは世界中で一家に一台の必需品となり、オーディオテクノロジー企業は新旧ともに出来立てほやほやの最先端テクノロジーを我先に披露しようとしのぎを削っている。例年トレンドの指標(少なくとも、流行の指針)といわれるこの見本市も、今年は時代を先取りしているようだ。今回は、今年の見本市でとくに我々の関心を引いた音楽関連テクノロジーをいくつかご紹介しよう。

ソニーから新発売、ライブコンサートさながらの臨場感を味わえるスピーカー

今年のCESでのソニー記者発表会はファレル・ウィリアムズの登場で幕を開け、「360度リアリティ・オーディオ」がお目見えした。マーケティング的にはさほど胸に響かないネーミングだが、実際は非常に画期的で、多くのIT評論家の間ですでに高い評価を得ている。ソニーの狙いは、MPEG-H3Dという音声フォーマットをベースに空間次元を加え、ハイレゾ音源を拡張し、ボーカル、楽器など、楽曲の特定の音をリスナーの「周辺に」配置すること。新たに開発したこのフォーマットで録音・再生すれば、理想的な形で音楽をリスナーに伝達することが可能。さながらライフパフォーマンスを聴いているかのような体験が味わえる。

新フォーマットはソニーの最新特製スピーカー仕様だが、将来的には、オーディオマニア向けヘッドフォンなど、他の多方向スピーカーでも360リアリティ・オーディオ音源を聞けるようになる。詳細は、日本のテクノロジー企業よりこの後数週間以内に発表される予定。ソニー曰く、TidalやDeezerなどすでにハイレゾ音楽体験を提供しているストリーミングサービスと提携して開発を進めており、いずれは一般消費者市場でこのフォーマットを展開すると言うことだ。


Appleは独自路線からついに脱却

Itunes on Samsung/Courtesy Samsung

Appleといえばここ何年も、クローズドループのソフトウェアしかリリースせず、競合他社のテクノロジーとの互換性を拒み続けてきたことで有名だが、ようやく今年のCESでiTunesやAirPlayといった機能をLG、Vizio、Sony、Samsung各社のテレビに搭載するすると大々的に発表した。これにより、Apple MusicやiTunesユーザーはついに、Appleプラットフォームと非Appleデバイスをダイレクトにつなげることが可能となる。同社はこの見本市では一度もブースを立ち上げず、年に数回、独自で記者発表を行ってきたが、近年主力商品の売り上げがいまひとつ振るわないことから、サービス事業の持続的成長のためには従来の独自路線を脱却する必要があると判断したようだ(Apple Musicも最近になって、AmazonエコーデバイスやAndroidで使用できるようになったばかりだ)。

アート教育のマストバイ、作曲ができる魔法のリング

Shperos Specdrums/Credit: Courtesy Sphero

今年のクリスマスに子供たちがこぞってサンタさんにお願いしたプレゼントといえば、スター・ウォーズのR2-D2ロボット。その生みの親であるロボット玩具メーカーSphero社は、身体の動きで音を出すBluetooth搭載リング「スペックドラム」を発表した(もともとはSpherroが買収した子会社の製品なので、再発表と言うべきか)。Bluetooth搭載のリングを指にはめ、色分けされたエリアをタップすると曲が作れるという優れもの。Sphero社がライセンスビジネスから撤退し、教育玩具製品に注力してSTEAM教育(科学、技術、工学、芸術、数学)を支援すると発表して以来、初めて発表した新製品のひとつだ。

このリングには100種類以上の楽器をカスタマイズすることが可能。付属の色のついたプレイマット、または身の回りにある日用品をデバイスで触れるだけで、子供でもギターリフからドラムのビート、ピアノ曲まで、自由自在に作曲することができる。技術的には控えめだが、IT企業のシンプルな製品が情操教育の分野で大いに役立つという、好例だ。子供受けするのはもちろん、我が子をアート教育にどっぷり浸らせたいと願う親世代にもぴったり。