杉咲花

杉咲花が主演を務める木曜ドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系、1月17日より、毎週木曜21:00~)の制作発表記者会見が11日、都内で行われ、杉咲のほか、小澤征悦、志田未来、間宮祥太朗、志尊淳、野波麻帆、板谷由夏、若村麻由美、及川光博が出席した。

本作は、平成最後の心の大掃除ともいえる新“働き方改革”で、将来への希望と活力を与える、お仕事コメディドラマ。目を合わせた相手の内面や原風景が見える特殊能力の持ち主であるアタルこと、的場中(まとば・あたる)がその能力を駆使しながら周囲の人たちが抱える悩みを根本から解決していく。杉咲はテレビ朝日の連続ドラマ初主演で、『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』(いずれも日本テレビ系)などを担当した脚本家・遊川和彦と初めてタッグを組む。

杉咲はすっかり現場のムードメーカーになっているといい、志尊は「花ちゃんはみんなを笑顔にする。花ちゃんの周りをみんなが囲っていて、みんなを自然に笑顔にさせるという感じ。太陽のよう。ついていこうと思える座長です」と大絶賛。小澤は女優としても魅力を感じたといい、「女優として勘も鋭いし素晴らしいセンスを持っていると思います」と太鼓判を押した。

志田も「すごい笑い上戸で、間宮さんの顔を見ながらずっと笑っているイメージがあります」と述べると、間宮も「2回目の共演。前回もそうだったんですけど、僕が出ている何かにアレルギー反応を示しているよう。笑い声と笑顔がすごく楽しい」と杉咲の魅力を紹介。「たまに僕の足を知らないうちに踏んでいる時がある」とも明かして杉咲を慌てさせる一幕もあった。

杉咲自身も撮影を楽しんでいるといい、「スタジオで撮影している時はセットがあって、その横に簡単に長いテーブルと椅子が並んでいて、皆さんセッティング中は誰も楽屋に戻らず、お菓子を食べたり、なぞなぞをしたり楽しく過ごしています」とコメント。「カメラが回っていない時はずっと和気あいあい」と現場の雰囲気の良さを明かした。

会場ではドラマの内容に絡め、杉咲が共演者のヒントを見ながらその人が小さい頃になりたかったものを当てるというコーナーも設けられたが、杉咲はここでも珍回答を連発。終始共演者を和ませていた。