2017年から蔚山現代でプレーしているイ・ジョルホ [写真]=Getty Images

 V・ファーレン長崎は10日、蔚山現代(韓国)に所属する元韓国代表FWイ・ジョルホが期限付き移籍で加入することが決まったと発表した。移籍期間は2019年2月1日から2020年1月1日まで。

 イ・ジョルホは1992年生まれの26歳。西南大学から2011年に全南ドラゴンズに加入し、5シーズンに渡ってプレーした。2016年には全北現代へ移籍し、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇を経験。2017年には蔚山現代へ加入し、背番号「10」を着けてプレーした。キャリア通算で、K1リーグで203試合出場49得点を記録している。

 期限付き移籍加入にあたり、イ・ジョルホは以下のようにコメントしている。

「V・ファーレン長崎に加入でき、嬉しく思います。クラブ関係者の方々に感謝しています。フォワードとして、1番大切なことはゴールを決めることなので、たくさんゴールを決めて、おもしろいゴールパフォーマンスをお見せします。必ずJ1昇格できるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします!」

「おもしろいゴールパフォーマンスをお見せします」と“公約”を掲げたイ・ジョルホ。実績十分のストライカーは、長崎を1年でのJ1復帰へと導くことができるだろうか。