武田真治

『みんなで筋肉体操』(NHK総合)に出演し話題の武田真治が、1月11日(金)19時から放送される金曜プレミアム『芸能界特技王決定戦 TEPPEN2019 冬の陣』(フジテレビ系)に出演。魔裟斗、榎並大二郎アナウンサー、国際弁護士の清原博らとベンチプレス対決を行う。

芸能人が自らの特技を披露し、その分野でのナンバーワンは誰なのかを決定する同番組。各界から集まった、いずれ劣らぬ強者たちが、TEPPENをめざし競い合う。今回の放送では「ピアノ」「書道」「ベンチプレス」の3種目でTEPPENを競う。

ベンチプレス対決にはほかに、なかやまきんに君、コージ(ブリリアン)も参戦。自分の体重の8割の重さのバーベルを上げられる回数でTEPPENを競い、大熱戦を繰り広げる。そんな中、前回(2016年)の優勝記録・35回をなんと“3倍”以上も更新する大記録を樹立した猛者が出現! 黙々とバーベルを上げ続ける“彼”を見たゲストの高田延彦は「上がるスピードが落ちてない!」「絶対(暫定記録まで)行ける!」と興奮気味に語りだす。ついに暫定記録を塗り替えたあとも、ペースを全く落とさないままバーベルを上げ続ける挑戦者。記録がついに50回を超えたあたりからスタジオ中がざわつき始める事態となり、MC陣も目の前で起こっていることが信じられない様子。途中、笑みすら浮かべながら自らを限界まで追い込んでいく挑戦者の姿に、MCの加藤綾子も「恐怖すら感じる……(笑)」と驚きながら見守る。スタジオ中が騒然となった大記録誕生の瞬間に注目が集まる。

また、ピアノ対決にはToshl(X JAPAN)、ふかわりょう、フリーアナウンサーの岡副麻希ら芸能界各界からピアノの腕に自信がある挑戦者が参戦。3歳の頃からピアノに親しんでいたというToshlは「どれぐらいできるかわかりませんが、自分なりに表現したいと思います」と意気込み、本人書き下ろし曲「マスカレイド」を情感豊かな力強い演奏で披露する。しかし感極まったのか、演奏中にいきなり歌い出してしまうハプニング発生! 演奏後にMCの堀内健が「Toshlさん、ピアノの大会なんですけれども……(笑)」と突っこむと、Toshlは「ちょっと我慢できなくて(笑)」とお茶目に返答する。審査員25人の採点結果は果たして?

続く書道対決では、書道で“特待生”の段位を持つアイドル・尾関梨香(欅坂46)や、書道歴61年を誇る女優・丘みつ子、2017年の『TEPPEN』での最下位結果からリベンジを狙う伊藤かずえら7名が参戦。それぞれが考える2019年の抱負を書道で表現し、楷書体の美しさでTEPPENを競う。