市原平兵衞商店【京都府】

禁裏御用達の、250年以上続くお箸専門店。明和元年(1764)創業で、店内には杉や竹黒檀など、さまざまな素材でつくられた箸が、食卓用から調理用まで種類豊富に約400種も並んでいます。いずれも職方による手づくり品で、シンプルでありながら美しく、使い勝手も抜群。料理やシーンに合わせていろいろな種類を購入するのもおススメ。

素材、形の異なる400種以上の箸がズラリ。永く使える逸品も


京都でもなかなか見かけない、お箸の専門店。食事用、調理用、取り箸など、400種類近くのお箸が勢揃いしています。杉、竹、桑、黒壇と素材はさまざま。形も多種多様なので、自分にぴったりのお箸が見つけられそうです。 なかでも、いろりやかまどの煙で煽られ、150年ほどの年月の経過によって丈夫で反りにくくなる、かなり希少な「すす竹」を使った「みやこばし」は逸品。4,752円~と高価ですが、とても上品で使いやすいもの。頑丈なので永く使えます。また、現店主である8代目の創案した「平安箸」は、細身でつまみやすいと好評です。 訪れるお客の一人ひとりに合わせ、お箸の重さ、長さ、太さ、柄まで真摯になって考えてくれるという店の方針がうれしいではありませんか! かわいらしい箸置きも豊富に揃っています。この店に来ると、お箸に対する考え方や価値観が変わるかもしれませんよ!