トルクメニスタン戦に出場した吉田麻也 [写真]=Getty Images

 日本代表は9日、AFCアジアカップUAE2019初戦でトルクメニスタン代表と対戦し、3-2で勝利を収めた。

 試合後のインタビューに応じたキャプテンの吉田麻也は、「立ち上がりは非常に悪かったかと思いますけど、なんとか巻き返して、いいパフォーマンスではなかったですけど、勝ち点3をしっかり取れたのは非常に大事かなと思う」と振り返った。

 先制を許した日本は大迫勇也の2ゴールと堂安律のゴールで2点差をつけたが、PKから1点差に詰め寄られると終盤はトルクメニスタンに押し込まれた。

「こうやって今日、簡単なゲームは一つもないということが証明されて、僕らにとっても非常にいい警告になったんじゃないかなと思う。もっともっと気を引き締めて、次の試合はやっていきたいです」

 改めてアジア杯の難しさを痛感した日本代表は13日、グループステージ第2戦でオマーン代表と対戦する。