トマト、バジル、カレー…。ソースが選べる福岡・春吉「Parme」のあつあつチーズフォンデュ

オーナーの緒方康拓さんは、料理学校の卒業論文で、ワインとチーズのマリアージュについて研究。卒業後は福岡市内のスイス料理店に勤務し、チーズ料理に関わってきました。2015年にオープンさせた自身の店では、「チーズをもっと気軽に!」と、これまでの経験を生かしつつ、チーズたっぷりのピザやチーズの天ぷら、チーズケーキなど、チーズを使ったさまざまな料理を用意しています。

数あるメニューの中でも一番人気は「チーズフォンデュ」。「パルメ」では、グリュイエールチーズ、エメンタールチーズをバランスよく配合しながらソースを作っていますが、そのソースに、トマト、バジル、明太、ハニーカレー、ガーリックなどの自家製ソースを混ぜることで、バリエーションのあるフォンデュが楽しめるのです。トマトやバジルならイタリアン風、ハニーカレーならエスニック風に。来店するたび、違うソースにチャレンジするファンもいるそうですよ。

さらに「パルメ」では、この冬、鶏がらをベースにしたトマトスープに野菜やお肉を投入し、その上からラクレットチーズをたっぷりとかけ入れる「ラクレット鍋」も登場。オーナーの自信作というこちらの鍋、〆はチーズのリゾットで、最後までアツアツ、トロトロのチーズ料理が満喫できます。

気温がぐーっと下がるこれからの季節、心も体も温まるチーズ料理をぜひ。