ガールズトークバラエティー番組「グータンヌーボ2(グータンヌーボヌーボ)」の番組ビジュアル(左から)滝沢カレンさん、西野七瀬さん、長谷川京子さん、田中みな実さん=関西テレビ提供

 7年ぶりにシリーズが復活するガールズトークバラエティー番組「グータンヌーボ2(グータンヌーボヌーボ)」(関西テレビ)の番組ビジュアルが9日、公開された。また、番組MCを務める、昨年12月にアイドルグループ「乃木坂46」を卒業した西野七瀬さん、女優の長谷川京子さん、フリーアナウンサーの田中みな実さん、モデルの滝沢カレンさんの初顔合わせが昨年末に行われたこともわかった。

 “グータンシリーズ”は、2004年4月に第1弾「グータン~自分探しバラエティ~」がスタート。05年にシリーズ第2弾「空飛ぶグータン~自分探しバラエティ~」、06年に第3弾「グータンヌーボ」が放送され、12年3月に放送を終了していた。

 番組ビジュアルは、“自撮り風”ショットをテーマに撮影された。4人の初顔合わせでは、据え置きカメラだけのレストランで、1時間にわたって台本なしでトークを行った。距離を縮めるためにお互いにあだ名をつけることになったという。

 乃木坂46卒業後、初のテレビ番組レギュラー出演となる西野さんは、「スタッフさんがいないので、“撮影されている”という感覚が少なくて、“この気まずい感じも使われるのかもしれない”と思ったりもして、すごく不思議な収録でした。気を抜くとお家でテレビを見ているみたいになっていました」と振り返った。また、「思ったことがあっても、声に出せなくて見送ってしまい、そのまま会話が進んでいってしまったりもしたので、まだまだこれからです」と話した。

 田中さんは、「4人が集まったトーク番組って、普通は“もっと盛り上げなきゃ”とか、“面白いことを話さなきゃ”という使命感に駆られるはずなんですけど、皆さんとってもナチュラルな方々だったので、私も回し役に徹しすぎないように気をつけました」と紹介。収録の感想については、「“こんなに自然体なロケある!?”というくらい、本当にみなさんありのままでいてくださったので、これからがより楽しみだなと思いました。時間の流れがとても緩やかでした」と話した。

 滝沢さんは、「最高なメンバーすぎて、ビックリしちゃいました! ほぼどなたも知らないメンバーだったけど、私の一番好きな温度感、何も作っていない3人が現れたので、大自然にそのままシートを広げてピクニックしているみたいな感じがあって、私はそれがすごくよかったです」と笑顔。「もちろん緊張はずっとしちゃいましたし、それを取ろうとは思わなかったですけど、みんなが本当に素晴らしいくらい低温だったので、それがすごく好きでした。何か一つ今日、生まれたんじゃないかなって思います」と振り返った。

 今回が初MCとなる長谷川さんは、「初めての4人での収録で、どういう化学反応が起きるのか心配していたのですが、それぞれ皆さんが気を使ってくださる方々だったので、無事終えることができました!」と話していた。    「グータンヌーボ2」は、関西テレビの関西ローカルで、15日から毎週火曜深夜0時25分に放送。放送翌日の水曜午前10時からはAmazon Prime Video、カンテレドーガ、TVerなどで配信する予定。