アニメ「ガーリー・エアフォース」のビジュアル(C)2018 夏海公司/KADOKAWA/GAF Project

 電撃文庫(KADOKAWA)のライトノベルが原作のテレビアニメ「ガーリー・エアフォース」が、10日深夜から順次放送される。美少女×戦闘機がテーマのライトノベルで、戦闘機を操る少女たちの戦いが描かれる。

 突如出現した謎の飛翔体ザイが、人類の航空戦力を圧倒する。ザイに対抗すべく開発されたのが、既存の機体に改造を施したドーターと呼ばれる兵器。操るのはアニマという操縦機構だ。アニメは少女の姿をしていた。パイロットを目指す高校生・鳴谷慧は紅に輝く戦闘機、そして戦闘機を駆るアニマ・グリペンと出会う。人類の切り札となる少女と、空に焦がれる少年の物語が始まる。

 「革命機ヴァルヴレイヴ」などの逢坂良太さんが鳴谷慧、「キラッとプリ☆チャン」などの森嶋優花さんがグリペンをそれぞれ演じるほか、大和田仁美さんや井澤詩織さん、Lynnさんらが声優として出演する。「マクロス」シリーズなどのサテライトが制作する。放送はTOKYO MX、サンテレビ、BS11ほか。