ミラグロス・マルティネス・ドミンゲス氏 [写真]=鈴鹿アンリミテッドFCの公式ツイッターより

 鈴鹿アンリミテッド(JFL)は9日、スペイン人女性のミラグロス・マルティネス・ドミンゲス氏がトップチーム監督に就任することを発表した。

 現在33歳のミラグロス・マルティネス・ドミンゲス氏は、UEFAプロライセンス(日本のS級に相当)を保有しており、これまではスペイン国内で指導してきた。鈴鹿によると、外国人女性指揮官の就任はJFL・Jリーグで過去に例がないという。異例の監督人事に踏み切った経緯について、クラブ公式HPには次のように記されている。

「昨年は、皆様の多大なるサポート・応援で、念願のJFL昇格を果たすことができました。昇格を無事にすることが出来ましたが、JFLは、J1から見たら4部リーグ相当のカテゴリーであり、クラブとして更なる高みを目指していく所存です。日本で4番目のカテゴリーから下克上を目指す為に、他クラブがしたことのない新しいチャレンジが必要だと私たちは常々考えておりました。そこで、辛島前監督より退任の意向を聞いた2日後、『来季は女性監督で行く』と決めました。これはJFL、及びJリーグ史上初の外国人女性監督となります」

「もちろん、その時点で具体的な候補者がいたわけではありませんでしたので、まずはGoogleで『サッカー 女性 監督』の検索から始めました。また多くのスポーツエージェント、代理人の方々に女性監督の依頼をお願いしました。同時に女性監督就任における問題点のヒアリングを関係各所に開始しました。色々な方々が候補に上がる中、最終的にミラ監督はスペインで長く指導されている佐伯夕利子さんに紹介していただきました。私たちは、一流の男性監督と比べても引けをとらないサッカーインテリジェンスを有しているにも関わらず、なかなか機会を得にくい女性監督に大いなる可能性を感じております。また幸いにして、JFL事務局よりも女性監督就任に関しては問題ないとの回答を得ております。そこで、2019シーズンはスペインよりミラ監督を招へいすることを決定しました」

「若くして、スペイン女子リーグのアルバセテ・バロンピエを4シーズン率いた経験や、ヨーロッパで最高位のライセンスであり、UEFAチャンピオンズリーグ等に出場しているクラブでの指揮も可能なUEFAプロライセンスを取得しており、私たちにとって魅力的なサッカーを体現できることを期待しております。彼女自身、男子のトップチーム率いた経験はありませんが、本人にとっても新しい挑戦に、熱い情熱を有しており、今シーズンを共に戦い、結果を残してくれると期待しております」

 また、ミラグロス・マルティネス・ドミンゲス氏も監督就任にあたりコメントを発表。意気込みを述べている。

「まず始めに、来季の監督の機会を私に用意していただいた鈴鹿アンリミテッドFCに感謝したいです。また女性に男子チームを率いる機会をくれたことにも感謝しています。日本のような国でチームを指導できて、とっても嬉しく、ワクワクしています。日本の文化、日本のサッカーを知ることは、私の夢の実現の一つです。クラブの目標を達成すると共に、スペインサッカー界で培ったやり方を鈴鹿でお見せしたいと思っています。このチャレンジは、私にとって、とても美しく、魅惑的です。そして勝てるチームを作るために選手達のベストを引き出したいと思います。本当にありがとうございます。ミラと呼んでください。ご声援よろしくお願いいたします。行くぞ!鈴鹿!」