十勝産チーズと野菜たっぷりのとろ〜りラクレットチーズを。北海道「チーズカフェ バイ ミリオンサンテ」

十勝の母都市・帯広までは札幌から車で3時間ほど。JR帯広駅から徒歩8分、「チーズカフェ バイ ミリオンサンテ」は帯広市中心部の藤丸デパート内にあります。チーズカフェという店名のとおり、おすすめは十勝産チーズを使ったさまざまなメニュー。野菜など食材も十勝産にこだわり、95%以上は地元の生産者から旬のものを仕入れています。

ぜひ味わっておきたいのが「新得町 共働学舎をはじめとした十勝産トロ〜りラクレットチーズ3種の食べ比べ」。ラクレットチーズとともに、ミニタマネギのペコロスやオレンジハクサイ、とかちマッシュ、ヤーコンといった十勝野菜の素材本来の味わいが楽しめます。旬のものが提供されるという野菜に合わせて、チーズはその時々で変えるというこだわり。

今の季節は、塩味を効かせたコクがある新得町「共働学舎」のチーズには、地元のパン屋「はるこまベーカリー」のバゲット。さっぱりした味わいの足寄町「しあわせチーズ工房」と、中札内村「十勝野フロマージュ」のチーズは野菜をお供にいただきます。

十勝のチーズと旬の食材をワンプレートで楽しめるのが「3種のチーズ食べ比べワンプレート」です。メインのタンドリーチキンは音更町「藤田ブロイラー」の地鶏。ごはんは十勝エリアで3軒しかないというお米農家から仕入れた十勝産米「ほしのゆめ」を使用しています。

「3種類のチーズは、その時々で味わいや食感が違うものを選んでいます」と店長の田中かすみさん。この日は、冬は乳脂肪分が高くて濃厚な味わいが特徴の新得町共働学舎の白カビチーズ「コバン」、放牧時期のみの生乳で作る長期熟成ハードタイプの足寄町しあわせチーズ工房の「幸」、クリーミーな味わいと深い旨味が楽しめる鹿追チーズ工房の「ゴーダチーズ」が華やかなワンプレートにのって運ばれてきましたよ。

チーズづくし〆めはデザートに「チーズケーキ」をどうぞ。よつ葉乳業の生クリームに十勝産の小麦を使用したお店のオリジナルです。味わいはさっぱりとした甘さが楽しめます。

「チーズカフェ バイ ミリオンサンテ」では、今回ご紹介したメニューのほかにもパスタメニューやサンドイッチなどの十勝産のチーズが楽しめるメニューが30種類ほど揃います。

11時から15時まではランチ限定メニューも提供。十勝の旅の途中にぜひ楽しんでみてくださいね。