川崎MF守田英正は最大8週間の離脱へ [写真]=Getty Images

 川崎フロンターレは9日、日本代表MF守田英正の負傷について発表した。

 AFCアジアカップUAE2019を戦う日本代表メンバーに選出されていた守田だが、UAE入り後のトレーニングで右足を痛め、代表を離脱していた。帰国後の8日に川崎市内の病院にて検査を受けた結果、同選手は右ハムストリング肉離れと診断されている。全治までは6週間から8週間を要する見込み。

 守田は昨季、プロ1年目ながら2018明治安田生命J1リーグで26試合に出場し、川崎のJ1連覇に大きく貢献した。その川崎は2月16日にFUJI XEROX SUPER CUP 2019で浦和レッズと対戦するが、守田の出場は微妙な状況となっている。