映画「東京喰種 トーキョーグール2(仮)」で笛口雛実を演じる桜田ひよりさん (C)石田スイ/集英社 (C)2019「東京喰種 トーキョーグール 2」製作委員会

 俳優の窪田正孝さん主演で人気マンガを実写化した映画の続編「東京喰種 トーキョーグール2(仮)」(7月19日公開)で、女優の桜田ひよりさんが前作に引き続き笛口雛実(ヒナミ)役で出演することが9日、明らかになった。前作で母親を亡くし、つらい思いをしたヒナミが、悲しみを乗り越えて、少し大人になった姿を披露する。

 桜田さんは「雛実としてこの作品に呼んでいただけたことがとてもうれしく、ワクワクしながら現場に向かっていました。悲しい出来事を乗り越え、少しだけ大人になった雛実に再び出会えたこと、演じられたことは夢のような時間でした」と振り返っている。

 「東京喰種」シリーズは、人肉を食らう怪人・喰種をテーマにした石田スイさんの人気マンガ。2011~14年にマンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載され、14年から始まった新章「東京喰種 トーキョーグール:re」の最終巻(16巻)が18年7月に発売され、完結を迎えた。コミックスは全世界累計3700万部を発行。実写映画は世界29カ国で公開された。

 実写映画の続編は、人間を食らう種族・喰種が潜む街・東京が舞台。人間と喰種のハーフで大学生の金木研(カネキ、窪田さん)は、喫茶店「あんていく」に身を寄せ、霧嶋董香(トーカ、山本舞香さん)らと生活をしている。そんな中「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山習(松田翔太さん)が「あんていく」を訪れる。月山は金木の「におい」に興味を持ち、彼を「グールレストラン」に誘い出す……というストーリー。