同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)95」が12月29~31日、東京ビッグサイトにて開催された。最終日となる31日、「エディア」ブースに人気コスプレイヤーのえい梨が登場し、『絵師神の絆』のコスプレを披露。撮影会が開催された。

  • えい梨

「エディア」ブースでは、フォワードワークスとコンパイルハートが協業で制作しているゲームアプリ『絵師神の絆』(2019年配信)の特設スペースを展開。オリジナルクリアファイルの配布やオリジナルグッズの販売、そして購入者限定でキャストの直筆サイン色紙が当たる「くじ引き」も実施された。

『絵師神の絆』は、「手塚治虫作品キャラクター美少女化プロジェクト」として始動したゲームアプリ。絵師たちが「神」のチカラを借りて「シメキリ」と戦うといった内容。現在はアトム(CV:釘宮理恵)、火の鳥(石原夏織)、ブラック・ジャック(東山奈央)、ピノコ(立花理香)などのキャラクターが公開されている。

  • ブース前ではクリアファイルが配布された

えい梨は『絵師神の絆』公認コスプレイヤーとして、ブラック・ジャックのコスプレで登場。今回の企画について、えい梨は「ファンがたくさんいる作品なので、緊張感がありますけど、原作の漫画とはまた違った、かわいいブラック・ジャックを表現できたらと思います」と語った。

そして、実際の衣装については「衣装にも、ちゃんとブラック・ジャックっぽい要素が散りばめられているので、お気に入りです!」と満足そうな顔を見せた。

『絵師神の絆』はiOS/Android用ゲームアプリ。配信は2019年を予定している。

(C)TEZUKA PRODUCTIONS (C)ForwardWorks Corporation (C)COMPILE HEART