南禅寺【京都府】

桜や紅葉が有名な南禅寺は、京都有数の観光地として名高いスポット。広大な寺域内には、5間3戸の壮厳な構えの「三門」や、枯山水が美しい「方丈庭園」、南禅寺の発祥の地といわれる「南禅院」など見どころ満載。また、周辺には銀閣寺や平安神宮、永観光堂など有名観光スポットもあるので、それらとともに巡ってみるのもいいのでは。

日本三大門のひとつ、圧巻の「天下龍門」に刮目!


南禅寺の中で最も有名といえる場所が、高さ22mの三門。通称「天下龍門」は久遠寺山門と並び、日本三大門に選ばれている。天下龍門は寛永5年(1628)、大坂夏の陣に倒れた戦没者を弔うため、藤堂高虎が再建したもの。 右側の山廊から五鳳楼といわれる楼上には上がることができる。南禅寺を訪れたらこの楼上にはぜひ登ってみよう。ここには宝冠釈迦坐像と十六羅漢が祀られていて、天井や柱・梁に描かれた狩野派の天人や鳳凰も一見の価値あり。 廻り縁からは京都の絶景が一望できる。この眺めは、歌舞伎で石川五右衛門が「絶景かな」と称した眺めだといわているが、実のところ石川五右衛門が生きていた時代には、まだ再建されてはいなかったのだとか。 ほかにも、白砂に6つの石を組んだ姿から「虎の子渡し」といわれる枯山水が有名な「方丈庭園」、亀山天皇の離宮があった場所である南禅院などがあり、いたるところに見どころ満載。